グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  サービス >  メディア >  専門誌 「CM INDEX」 >  広告制作会社インタビュー

広告制作会社インタビュー


広告制作会社に聞く 我が社の誇るヒトモノコト
映像コンテンツが生活者にとって身近な存在となり、課題解決に役立つツールとなる今、広告映像を実際に制作されている制作会社のみなさまにお話をうかがい、「映像」の持つ力と可能性を紐解いていきます。広告を取り巻く環境が著しく変化する中での各社の取り組み、人材や技術力といった強みなどについてお聞きしています。

株式会社 電通クリエーティブキューブ

ピクトと横浜スーパー・ファクトリーが合併し、今年1月に設立された株式会社 電通クリエーティブキューブ。映像、グラフィック、デジタルというフルファネルでの広告コンテンツを提供し、最先端のテクノロジーを導入しながら制作のトランスフォーメーションを進めている。代表取締役社長執行役員の村山大輔氏、副社長執行役員の藤森暁生氏に取り組みについてお話をうかがった。(収録:2022年5月17日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社 東急エージェンシープロミックス

イベントやグラフィック、映像といった幅広い領域の機能を有する総合制作プロダクションとして2010年に設立された株式会社 東急エージェンシープロミックス。昨年オフィスを移転して新たな一歩を踏み出した同社の取り組みや映像の持つ可能性などについて、能登健裕氏と株式会社 東急エージェンシーの高田伸敏氏にお話をうかがった。(収録:2022年3月14日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社ENGINE

1987年の設立以来、人と人とのつながりを大切にし、優れたクリエイティブワークでクライアントの幸せに貢献してきた株式会社ENGINE。昨年12月にエンジンフイルムから社名を変更し、「楽しくなかったらENGINEではない!」をモットーに映像制作会社の枠を超えた領域へと進む同社の取り組みについて、代表取締役社長の平川浩司氏にお話をうかがった。(収録:2022年1月18日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社 二番工房

1974年に創業し、1984年からは東北新社グループの一員としてCMをはじめ数々の映像コンテンツを手掛けてきた株式会社 二番工房。テクノロジーの進化への対応に加え、人やクラフト力に重点を置いた“モノ作り”への誠実な姿勢は、多くのクライアントから信頼を得ている。代表取締役社長の金谷橋忍氏に、同社の強みや今後についてお話をうかがった。(収録:2022年1月11日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社 東北新社

1961年に創業し、その3年後にCM制作事業に参入した株式会社 東北新社。プロデューサーを軸にした制作システム、デジタル技術の導入など日本の広告制作の先駆けとなり、現在も「総合映像プロダクション」として高品質な映像コンテンツを生み出し続けている。同社代表取締役社長の中島信也氏に事業内容やテレビの可能性についてうかがった。(収録:2021年11月18日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社ソーダコミュニケーションズ

東北新社グループの一員である株式会社ソーダコミュニケーションズは、2013年の設立以来、広告領域を中心に質の高い映像を制作し続けている。2021年は『カップヌードル』をはじめとした日清食品の先鋭的なCMを手掛けるなどCMシーンを席巻した。代表取締役社長の阿部薫氏と執行役員の今野俊也氏にお話をうかがった(収録:2021年11月1日)

インタビュー記事本文はこちら

株式会社ロボット

テレビCMをはじめ、岩井俊二監督の映画『Love Letter』、パズルゲームの『ズーキーパー』など、ジャンルを問わないヒットコンテンツを世に送り出している株式会社ロボット。創業当初より先頭に立って事業拡大に尽力してきた代表取締役社長の加太孝明氏に、広告制作における同社の強みや広告のあるべき姿などについてお話をうかがった。(収録:2021年10月4日)

インタビュー記事本文はこちら

株式会社スプーン

プロデューサーとプロダクションマネージャーで構成された株式会社スプーンは、案件ごとにディレクターなど外部スタッフをアサインしてチームを編成し、クライアントの依頼に最高の形で応える少数精鋭のプロ集団だ。社員の半数を女性が占めるなど、柔軟な働き方を推進しながら映像の力を引き出している同社の取り組みについて、代表取締役社長の大桑仁氏にうかがった。(収録:2021年9月8日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社TYO

1982年の設立から数々のヒットCMを世に送り出してきた株式会社TYO。広告を取り巻く環境が大きく変化する中、今年1月に経営体制を一新し、事業のマルチブランド化と現場プロデューサーの役員への抜擢を進め、コンテンツ制作のアップデートを推進している。「伝わる」映像を作り続ける姿勢や今後の展開などについて、同社代表取締役社長の早船浩氏にうかがった。(収録:2021年8月6日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社 博報堂プロダクツ

2005年の創業以来“こしらえる”という力を武器にクライアントの課題解決に取り組んできた株式会社 博報堂プロダクツは、デジタルテクノロジーとフルファネルマーケティングを積極的に取り入れてコミュニケーションをアップデートし、“顧客化力”を磨き上げている。同社の強みや現在の取り組みについて武内寛雄氏、鍬形治氏、茂木敦氏にお話をうかがった。(収録:2021年7月5日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社 電通クリエーティブX

日本初のテレビCMを制作した電通映画社(1943年設立)を原点とし、電通グループの一翼として数多くの広告を手掛けてきた株式会社 電通クリエーティブX(クロス)。プロデュース力、クリエーティブ力を“クロス”させて新しいユーザー体験を創出し、事業領域を海外にも拡げている。代表取締役社長執行役員の松木俊介氏に同社の取り組みについてお聞きした。(収録:2021年6月9日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社ADKクリエイティブ・ワン

ADKのクリエイティブ部門と制作プロダクションのADKアーツが統合され、2019年に設立されたADKクリエイティブ・ワンは、広告会社と制作会社を掛け合わせた新業態のクリエイティブ・エージェンシーだ。戦略からアウトプットまでを“ワンチーム”で提供する同社の強みや可能性などについて同社の辻毅氏、和田優輝氏にお話をうかがった。(収録:2021年5月11日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社AOI Pro.

1963年設立の株式会社AOI Pro.は『au』の「三太郎」シリーズといったヒットCMをはじめ、映画やドラマなどさまざまな映像制作に携わる国内トップクラスのプロダクションだ。またアジアを中心にグローバルに事業を展開し、手掛けたコンテンツは世界でも高く評価されている。同社代表取締役社長の潮田一氏に海外事業の狙いや今後の取り組みなどについてお聞きした。(収録:2021年3月11日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

株式会社xpd

AOI TYOグループの事業会社として1月に誕生した株式会社xpd(イクスピーディー)。映像制作やPR、イベントなどさまざまな領域でクリエイティブワークを世に送り出してきたグループ事業を結集し、「コミュニケーションデザインファクトリー」をコンセプトに、コミュニケーションの設計から実行までを担っていく。TYOの創業メンバーのひとりで、同社代表取締役社長に就任した早川和良氏にxpd設立の経緯や今後の展望などについてお話をうかがった。(収録:2021年2月15日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

ノースショア株式会社

2008年創業のノースショア株式会社は広告制作に加え、敬意を込めて“Surfer”と呼ばれている同社のクリエイターがクライアントの課題の本質を共有し、最適なソリューションを提供するといった従来の制作会社とは一線を画したサービスを提供。またクリエイターの業務を効率化するクラウドサービスを開発するなど、ユニークな施策にも力を入れている。同社代表取締役CEOの石井龍氏に企業の強みや今後の展望などについてお話をうかがった。(収録:2020年12月22日)

インタビュー動画・記事本文はこちら

太陽企画 株式会社

1968年に創業した老舗プロダクション、太陽企画 株式会社はその当時、未開拓だった映像のフィールドでさまざまな技術に挑戦し、日本初・世界初の映像表現を実現してきた。
現在も「考え方から考える。作り方から作る。」をモットーに、職人集団として新しい映像表現に挑み続けている。同社代表取締役社長兼CEOの岩井健二氏に映像コンテンツを制作する上で大切にしていることや今後の展望についてお話をうかがった。(収録:2020年11月27日)

インタビュー動画・記事本文はこちら