グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  CM INDEX WEB >  UQとpal system、17Liveが自己最多出稿(2021年7月度 銘柄別放送回数トップ10)

UQとpal system、17Liveが自己最多出稿(2021年7月度 銘柄別放送回数トップ10)


順位 企業名『銘柄名』 放送回数
1 NTTドコモ『NTT DOCOMO』 1899回
2 KDDI『UQ』 1115回
3 Indeed Japan『Indeed』 999回
4 ソフトバンク『SoftBank』 829回
5 興和『キューピーコーワドリンク』 719回
6 パルシステム生活協同組合連合会『pal system』 696回
7 日本コカ·コーラ『アクエリアス』 597回
8 興和『バンテリン』 580回
8 17LIVE『17Live』 580回
10 Uber Japan『Uber Eats』 579回
10 日本コカ·コーラ『ジョージア』 579回
調査期間:2021年6月20日〜2021年7月19日、東京キー5局(全オンエア数:2575銘柄)
※銘柄別集計
※企業・銘柄名はCM総合研究所の登録名称であり、正式名称と異なる場合があります。

データの転載・引用をご希望の場合は、事前に【お問い合わせ】よりご相談ください。
365日、24時間、CMのオンエア状況を観測しています。