CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

ご挨拶

社会から信頼される組織でありつづける」 代表取締役社長 関根 心太郎(せきね しんたろう)

ご挨拶

テレビCMは、日夜新しいものが生まれ、放っておくと消えてしまう風のようなメディアです。
CM DATABANKは、この「風のメディア」を余すことなくデータ化することに挑戦し続けてまいりました。

今日まで78万点余のCM作品の映像とその詳細データが蓄積され、今風な言葉で言うなら
「ビッグデータ」と呼ぶに値するデータの量と質となりました(ぜんぶ)

平成元年1月に調査を開始した「CM好感度調査」の定点観測は、2015年10月19日実査で461回目を迎え、 これからも休むことなく続けてまいります(ずっと)

「ぜんぶ、ずっと。」に挑戦してきたCM DATABANKーー。

このたび私たちは、CM総合研究所(CM総研)と事業ブランド名を改め、
「ぜんぶ、ずっと。」のその先にある新たなステージに挑戦いたします。

CM総合研究所の「CM」は「 Consumers' Mind 」つまり「消費者の心模様」を意味します。
私たちは、観測範囲をこれまでの関東エリアに加えて、関西エリアおよびBSデジタル放送、 さらに SNS のバズデータまで広げて連動させ、Consumers' Mind を分析するプロフェッショナル集団として、これまで以上に努力してまいります。

平成27年11月


1973年
神奈川県生まれ
1999年
株式会社東京企画(CM総合研究所/CM DATABANK)入社
2008年
システム開発局長に就任
2010年
取締役副社長、CM総合研究所 主席研究員に就任
2013年
株式会社東京企画 代表取締役社長に就任 BSデジタル放送の広告統計を開始
2014年
CM総合研究所 代表に就任
2015年
関西 CM好感度調査を開始

ページ先頭へ