グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  サービス >  コンサルティング >  CM出稿データ【PIB ポジション・イン・ブレイク(CM 枠中の放送順)の検証】

CM出稿データ【PIB ポジション・イン・ブレイク(CM 枠中の放送順)の検証】


PIB(ポジション・イン・ブレイク)とは、CM放送枠の中で自社のCMが何番目にオンエアされたかを検証できるサービスです。

東京キー5局におけるCMの総放送回数は毎月約12万回を数え、CM放送枠は毎月約18,000ヵ所にのぼります(タイム・ステブレの合計)。これらCM放送枠にそれぞれオンエアされるCMの数は1本から50本を超えるケースまでさまざまです。

自社のCMが放送枠において何番目にオンエアされたのか
競合銘柄と比較して優位なポジションを獲得できたのか

毎月のPIBを定点観測することによって、その変化をトラッキングすることが可能になります。
PIBトラッキングポイント:競合比較/時間帯別/放送局別/番組別など

▼一覧(CM好感度スコアつき)


▼詳細・円グラフ(自社PIBシェア/全オンエア平均/業類平均)


▼ 詳細・放映ログ
(上:自社CMが放送された全番組のリスト/下:CMタイム中に放送された全CMのリスト)


CVコンプリート・ビュー(毎秒の視聴状況)

CV(コンプリートビュー)とは毎秒のテレビ視聴台数によって、視聴維持率や離脱率を検証できるサービスです。クリエイティブやPIBとの関係性の分析にも活用できます。
スマートテレビの視聴ログから毎秒の視聴台数を確認すると、1本のテレビCMが放送される15、30秒の間でも視聴台数に増減があることが分かります。この変化を可視化したものがCVです。同じ15秒のCMでも放送されるポジションや時間帯、クリエイティブによってCVは異なります。競合との比較や各CMタイムの傾向を検証することで、リーチを最大限に高めることが可能となります。