CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

2018年度「消費者を動かしたCM展開 特別賞」

発表!2018年度「消費者を動かしたCM展開 特別賞」

 CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2017年11月度から2018年10月度までにCMをオンエアした商品・サービス全7098銘柄を対象に、 優れたCM展開で業績の向上に貢献した「消費者を動かしたCM展開」96銘柄を決定いたしました。
中でも、特に「今年らしさ」「創造性」「影響力」等の観点に優れた「消費者を動かしたCM展開 特別賞」として、以下の10銘柄の受賞が決定しましたのでお知らせいたします。


★日清食品/日清チキンラーメン
発売60周年を迎え型破りな新CMを次々に展開 若年層から票を伸ばし自己最高スコアを更新

気だるげに寝転がった新垣結衣を"ぐで垣結衣"と称して、チキンラーメンにサバ缶などをのせて食べる"ぶっこみチキンラーメン"や、袋麺をそのまま食べる投稿動画風の"0秒チキンラーメン"のほか、60周年を機に発売された具付き袋麺『チキンラーメン アクマのキムラー』では"ひよこちゃん"が良い子からアクマに変身するアニメーションCMを放送。年間のCM好感度は前年度の2.7倍のスコアを獲得し、自己最高を記録した。一連の施策の効果もあり売上は前年比120%以上の増加となり、ブランド過去最高の売上を狙える勢いだ。【CM好感度 総合8位】  

★Hazuki Company/ハズキルーペ
2018年10月度には作品別CM好感度のトップに CM好感度は前年度の19倍と大躍進

2017年12月からは舘ひろしと松野未佳が父娘役で共演するCMをオンエア。以降地上波での出稿に力を入れ、2018年4月には渡辺謙と菊川怜のプレゼンテーション風CM、続く9月には武井咲、小泉孝太郎、舘が出演する高級クラブを舞台にしたCMを開始し、初の年間トップ10入りを果たした。商品認知の拡大、取り扱い店舗数の急増に合わせ売上も向上した。【CM好感度 総合9位】  

★スマートニュース/SmartNews(スマートニュース)
千鳥のコミカルな掛け合いに幅広い世代が共感
CM好感度を前年度の25倍に伸ばし初のトップ20入り

2018年3月末からお笑いコンビ・千鳥をCMに起用。全国約2万店舗の飲食店やコンビニなどで利用できるクーポン情報を毎日配信するコンテンツ「クーポンチャンネル」をふたりのコミカルな掛け合いで訴求した。放送後は2017年10月〜2018年9月のアプリダウンロード(DL)数が前年比140%、月間アクティブユーザー数(MAU)が前年比170%を記録。デジタルやPRとの相乗効果もあり、2018年10月にはiOS、AndroidのアプリストアでDL数1位となった。【CM好感度 総合15位】  

★ダイハツ/Mira TOCOT
「おとなまる子」シリーズが好発進 ターゲットの女性層から支持されCM好感度を伸ばす

新型車『ミラ トコット』の発売に合わせ、「いつもの私で、ラクしトコット。」をコピーに、アニメ『ちびまる子ちゃん』の登場人物が大人になった姿を実写で描く「おとなまる子」シリーズを開始。まる子を吉岡里帆、親友のたまちゃんを奈緒、花輪クンを竜星涼、丸尾君を井ノ脇海が演じ、ナレーションはアニメと同じくキートン山田が務めた。女性層から多くの支持を獲得し、ミラブランドとしては直近5年での最高スコアをマークした。累計受注台数は、発売1カ月後で目標販売台数の3倍となる約9,000台と好調な立ち上がりだ。【CM好感度 総合22位】  

★キリンビール/本麒麟
江口洋介が商品のおいしさに目を見張る CM好感度は本年度の新商品でNo.1

キリンビールは"ビールに近い味覚"を実現した新ジャンルの『本麒麟』を発売し、「ここまでうまいと時代が変わる。」といったコピーのもと、パッケージと同じ赤い空間を舞台に商品のおいしさに驚く出演者の表情を映したCMを展開した。オンエアのあった8カ月すべてでCM好感度業類トップ10にランクインし、うち6カ月はトップ3入りと、本年度に展開された2656の新商品のうち最も高い年間CM好感度を獲得した。発売から約半年で2億本(350ml缶換算)の販売を達成するなど好調で、過去10年のキリンビール新商品でも売上No.1※となり、『キリン のどごし〈生〉』に次ぐ13年ぶりの大型新商品となった。※発売から7カ月間の累計出荷実績で比較【CM好感度 総合32位】  

★エステー/ムシューダ
高橋愛とムッシュ熊雄の掛け合いが若年女性に好評
5月前期調査で作品別CM好感度の総合1位に

『ムシューダ』は高橋愛とクマのキャラクター"ムッシュ熊雄"が共演するCMを2013年から展開している。2018年4月からは高橋と商品を手にしたムッシュ熊雄がクローゼットに向かって「出てきなさい!そこにいるんでしょ!」と呼びかけるCMを放送。ユーモラスなストーリーをフックに、女子小中高生を筆頭に女性層から多く得票し、5月前期調査では作品別CM好感度の総合1位に輝いた。CM開始月の商品販売は売上額前年比119%と大幅に伸長し、動画共有コミュニティには若い世代を中心にCMをまねて楽しむ動画が数多く投稿された。【CM好感度 総合40位】  

★オリエンタルランド/東京ディズニーリゾート®
東京ディズニーリゾート開園35周年 中高生を筆頭に若い女性から圧倒的な支持

オリエンタルランドは『東京ディズニーリゾート』の開園35周年を記念したアニバーサリーイベント『東京ディズニーリゾート35周年"Happiest Celebration!"』を2018年4月15日から開催した。開催を告知するCMは、テーマソングの『Brand New Day』をBGMに、紙吹雪が舞うパーク内で35周年を祝うミッキーマウスをはじめとしたキャラクターたちや大勢のキャストを映し出す内容だ。その後のCMでも新しいショーやアトラクションなどを楽しむ家族の姿を描いてパークの魅力を伝え、10、20代の女性から多くの票を獲得。上半期は過去最高の入園者数を記録した。【CM好感度 総合46位】  

★サントリービール/オールフリー
稲垣吾郎と香取慎吾を起用したCMが好調
40、50代を筆頭に女性層から高いCM好感度を獲得

サントリービールは『オールフリー』のCMに稲垣吾郎と香取慎吾を新たに起用した。ふたりが氷を入れたオールフリーを楽しむCMを放送した7月度には、同商品における月間CM好感度の最高スコアを更新した。また、ふたりがCMの監督に初挑戦する模様を生中継で配信したウェブ動画『稲垣吾郎VS香取慎吾 サントリー 新オールフリー CM対決!』も話題となった。「新しい地図」として出発したふたりを初めてCMに起用したことが注目され、40、50代をはじめ女性層から多くの好感を集めた。結果、新規ユーザーを獲得し、カテゴリシェア前月比+4ポイントを達成した。(インテージSRI、SMチェーンデータ:2018年2月度)【CM好感度 総合47位】  

★スタッフサービス/オー人事
"オー人事"でおなじみのCMを久々に展開
現代ならではの職場でのミスマッチをコミカルに描く

スタッフサービスはさまざまな職場でのミスマッチを描く開始20年を迎えたシリーズCMを2017年12月からオンエアした。1997年のCM開始時から使用している『弦楽セレナーデ第一楽章』のBGMや、電話番号の語呂合わせを使った「上司に恵まれなかったら、オー人事オー人事」といったナレーションで、仕事中にスマホでスタンプを連続して送信してくる上司に困惑する女性を描いた。仕事の丸投げ体質や過剰なセキュリティなど現代の職場をモチーフにしたCMも展開し、40代を中心に多くの支持を獲得。職場でのギャップを捉えてきたスタッフサービスだからこそ描ける部分にこだわって制作した結果、プロモーション前に比べ認知度は18 %増加した。(2017年12月〜2018年9月)【CM好感度 総合53位】  

★アンファー/スカルプD メディカルミノキ5
草彅剛と香取慎吾が"ミノキ兄弟"に 中年層の男性など幅広い支持を獲得

アンファーは発毛成分「ミノキシジル」を国内最大濃度となる5%配合した発毛剤『スカルプD メディカルミノキ5』を2018年8月に発売し、草彅剛と香取慎吾が"ミノキ兄弟"として登場するCMを開始した。中年層の男性からの支持を伸ばしたほか、女性層からも多くの票を獲得。対象の12カ月中で3カ月の展開ながら同社最高のCM好感度を記録し、医薬・健康業類の年間トップに輝いた。CM放映後は「信頼できるふたりが言うので使うきっかけになった」といった声が同社に多く寄せられたという。SNSでも「#ミノキ兄弟」がトレンド上位に入るなど、売上と合わせて大きな反響を呼んだ。【CM好感度 総合97位】  



2018年度「消費者を動かしたCM展開」全96銘柄
*「消費者を動かしたCM展開」選出基準:下記の1〜3のいずれかをクリアした商品
1)年間CM好感度トップ100位内
2)年間CM好感度上位10%にランクイン、かつ
  2018年度のCM好感度、CM商品好感度、購買意向度が属する商品カテゴリの上位10位内にランクイン
3)月間CM好感度トップ20位内
 (対象期間の月例調査12回のうち1回以上CM好感度トップ20位内にランクイン)
 
 上記選出基準をクリアした180銘柄の広告主に対して業績に関するアンケートを実施し96銘柄を選出。
 うち10銘柄を2018年度を象徴する特別賞として選出した。
 ※文中の売上実績は、広告主への取材に基づいています。  
 ※データ使用の際は「CM総合研究所調べ」の明記をお願いいたします。



>リリース全文(pdfファイル:799KB)


■ お問い合わせ先 CM総合研究所 広報部 : 武藤 渡辺 村山 TEL:03-6435-7420


ページ先頭へ