CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

スキャンダルのリスクなし 一流企業も熱視線を送るVTuberとは?
AERA dot. 2019年5月16日(木)

【5月より新たにAERA dot.での連載が始まりました】

キズナアイ、輝夜月、月ノ美兎、ミライアカリ、電脳少女シロ......。ピンときた方も「何て読むんだ?」と思った方もいるだろう。いずれも有名な"VTuber"の名前だ(ちなみに「輝夜月」は「かぐや・るな」、「月ノ美兎」は「つきの・みと」と読む)。VTuberは「Virtual YouTuber」の略で、実在のタレントではなくクリエイターや企業が作った架空のキャラクターを指す。YouTuberと同様、YouTubeをはじめとする動画サイトやSNS上でさまざまなコンテンツの配信を行っている。

 少し前なら一部の嗜好性の強い趣味を持つ人々をターゲットにした存在のように思われたかもしれないが、最近では有名企業が広告キャラクターに採用するなど、メジャーな存在としてすっかり市民権を得ているのだ。茨城県は地方自治体として初の公認VTuber「茨(いばら)ひより」を誕生させ、2018年度の効果は広告換算額で約2億4000万円に上るという。

【中略】

そうした盛り上がりを見せる中、地上波テレビデビューを果たしたVTuberもいる。輝夜月は日清食品『U.F.O.』のCMに登場し、地上波とは思えないような自由でカオスな作品で幅広い世代に衝撃を与えた。VTuberの草分け的存在であるキズナアイは日清食品『カップヌードル 味噌』とブルボン『チーズおかき』の2社のCMに起用されている。CM総合研究所が実施しているCM好感度調査でこれらのCMに真っ先に反応したのは10,20代の若年層だが、驚くのは40,50代でもキャラクターの名前を認識している消費者が少なからずいるということだ。

 かつては"有名人"や"人気タレント"といえば、テレビに出ている人を指すことが大半だったが今はそう単純ではないらしい。小学生〜高校生だとテレビタレントよりもYouTuberやTikTokerの方が憧れの存在だったりする。テレビで育った世代には違和感があるかもしれないが、昨年の「NHK紅白歌合戦」に出場した米津玄師やDAOKOももともとはインターネット中心に活躍をしていたことは有名で、テレビとインターネットを分断してとらえたり、メディアとしての優劣をつけて比べたがるのは時代錯誤なのだとつくづく感じさせられる。

【後略】


https://dot.asahi.com/dot/2019050900085.html?page=1


ページ先頭へ