CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

DA PUMP、CM好感度も復活 スーモとダンスで競演
NIKKEI STYLE 2018年11月29日

CM総合研究所が発表する10月度の銘柄別CM好感度ランキングで、不動産・住宅サイト「SUUMO(スーモ)」の新CMが11位にランクインした。『U.S.A.』が大ヒットを記録しているDA PUMPが、同サイトのキャラクターであるスーモと競演。『U.S.A.』をモチーフにしたダンスと音楽が、特に若い男性の支持を集めて、スーモのCMとして最高位タイを記録した。

【中略】

CMの支持層分布を見ると、「6〜12歳」「13〜19歳」という10代までの男性が特に高く、次に「主婦39歳以下」が続く。『U.S.A.』でDA PUMPを知った若い世代と、2000年前後に大ブレイクした時期を知る世代の2つを中心に反響があった。

CM好感要因は「出演者・キャラクター」をトップに「音楽・サウンド」「ユーモラス」と続く。特筆すべきは6位に「ダサイけど憎めない」、8位に「時代の先端を感じた」が入っていること。CM総合研究所の関根心太郎代表は「『U.S.A.』がはやり始めたときに言われたのが『ダサかっこいい』というキーワード。それが時代の先端だという認識が今回のCMの好感度にも反映して、広く受け入れられています」と人気の理由を分析する。

【後略】


https://style.nikkei.com/article/DGXMZO38171140W8A121C1000000?channel=DF010320183446


ページ先頭へ