CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

ドコモCMがキャスト一新 星野源の「星プロ」好発進
NIKKEI STYLE 2018年10月31日

CM総合研究所が発表する9月度の銘柄別CM好感度ランキングで、NTTドコモが4位にランクイン。様々なキャラクターが集まる世界「キャラまち」を舞台に、3つの無名キャラクターが、星野源ふんする「星キャラプロダクション(通称:星プロ)」のプロデューサーと出会い、人気者をめざす新シリーズだ。若い女性を中心に票を集めて、順調な滑り出しを見せた。

【中略】

CM総合研究所の関根心太郎代表は、新シリーズをこう分析。「キャストもみずみずしく、がらりと変わった感じがあります。会員基盤の強化という狙いとあわせて、有名から無名まで、いろいろなキャラクターが集まった街という設定は、多種多様な企業との協業で成長していく事業戦略のメッセージも込められているように感じられますね」

関根代表は、クリエイターにも注目。「クリエイティブディレクターの佐藤雄介さんは、日清食品 カップヌードル『HUNGRY DAYS』で数々の広告賞を受賞し、デジタルとCMを融合した表現で注目されている方。今回もリアル(実写)、マペット、アニメーションを融合した映像で独自の世界を表現しています」

【後略】


https://style.nikkei.com/article/DGXMZO37099910Q8A031C1000000?channel=DF010320183446


ページ先頭へ