CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

沿革

1976年 株式会社東京企画を創業(東京都中央区銀座)
マーケティング企画・出版編集を中心に営業
1984年 CM総合研究所/CM DATABANKを設立
1986年 CM専門情報誌『月刊CM INDEX』創刊
1987年 月例「CM好感度調査」を開始
1990年 第1回「CM好感度白書」発表・記念セレモニーを開催
1992年 第1回「CMが貢献したヒット商品」発表・記念セレモニーを開催
(※現名称:「BRAND OF THE YEAR」)
1994年 社屋を移転(港区芝)
1996年 CS放送にてCM専門番組『CM INDEX』開始
「番組内CM好感度調査」を開始
2000年 月例「CM好感度調査」の消費者モニターを1500人体制に拡大
2001年 東京キー5局の全テレビCMオンエア履歴のデータベース化
およびサービス提供を開始
2004年 月例「CM好感度調査」を月2回・消費者モニター計3000人体制に拡大
「生活時間調査」(消費者のテレビ視聴実態の研究)を開始
(〜2015年9月)
2010年 調査結果・各種データのウェブによる配信サービスを本格稼働
2011年 「生活時間調査に基づくテレビCMの効果測定方法および装置」
特許取得
地上デジタル放送完全移行にともないシステムを対応
2013年 BSデジタル放送の広告統計データサービスを開始
ISMS(ISO/IEC 27001)取得 認証番号IS 596067
2015年 社屋を移転(港区芝公園)
事業名を「CM総合研究所」に統一し、コーポレートロゴを変更
関西エリアでの「CM好感度調査」を開始(〜2019年4月)
2016年 AIを活用したCM好感度予測の取り組みを開始
在阪キー5局の全テレビCMオンエア履歴のデータベース化開始
2017年 スマートテレビの視聴台数データを導入
放送枠とクリエイティブの連関の研究を開始
2019年 CM好感度予測システム「Mnavi」「Tnavi」のサービス提供を開始

ページ先頭へ