グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  CM INDEX WEB >  商品をモチーフにしたCMキャラクター

商品をモチーフにしたCMキャラクター


 直近のCM好感度ランキングより、商品をモチーフにした注目のCMキャラクターを紹介する。

 ゼスプリインターナショナルジャパン『ゼスプリ キウイフルーツ』は、キウイフルーツをモチーフにしたキャラクター“キウイブラザーズ”を2016年からCMに起用している。昨年オンエアのCMでは、彼らが『恋のマイアヒ』の替え歌に乗せて“アゲリシャスダンス”を披露。今年は「♪ヘルシーは好きなことを楽しみながら」などと歌い踊るCMが大ヒットし、作品別CM好感度調査で2020年5、6月度および7月前期の総合1位に輝いた。

 そのほか商品のビジュアルをキャラクター化したCMとしては、グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパンがカプセル剤をキャラクター化した“Mr.コンタック”の登場するCMを展開。Mr.コンタックの声は1996年の登場時から笑福亭笑瓶が担当しており、2016年からは広瀬すずを起用して、Mr.コンタックと広瀬が『新コンタックかぜEX』などを訴求するCMを放送した。

 またサントリー食品インターナショナル『グリーンダカラ』は、2012年の商品発売時より、女の子が“グリーンダカラちゃん”を演じるシリーズを展開。『グリーンダカラやさしい麦茶』が発売されると、グリーンダカラちゃんの実の妹が“ムギちゃん”として登場した。

 メナード化粧品は藤木直人や松田翔太が女性の肌と心を癒やす“ビューネくん”を演じる『薬用ビューネ』のCMシリーズを1999年から放送。2017年からは竹内涼真を起用し、今年6月には竹内が新入社員の女性や働く母親とその夫の肌を商品でケアするCMをオンエアした。
※企業・商品名はCM総合研究所の登録名称であり、正式名称と異なる場合があります。
※データの転載・引用をご希望の場合は、事前に【お問い合わせ】よりご相談ください。