グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  CM INDEX WEB >  BRAND OF THE YEAR 2020は『au』、2020年度の銘柄別CM好感度トップ10も公開

BRAND OF THE YEAR 2020は『au』、2020年度の銘柄別CM好感度トップ10も公開


2020年度(2019年11月度〜2020年10月度)のCM好感度ナンバーワンブランド「BRAND OF THE YEAR 2020」を発表するとともに、CM好感度ランキング上位の顔ぶれをレポートしました。
各ブランドのCM展開など詳細はこちらのリリースよりご確認ください。

また専門誌『CM INDEX』12月号(12月20日発売)では、2020年度のテレビCMを振り返ったレポートや年間データを紹介。1月号(1月20日発売)では2020年度を象徴するCM展開を行ったサイボウズ株式会社、ゼスプリ インターナショナル ジャパン株式会社、日産自動車株式会社、日本マクドナルド株式会社のインタビュー記事を掲載しています。
専門誌『CM INDEX』の詳細はこちらのページをご覧ください
順位 企業名『銘柄名』 オンエア作品数 CM好感度
1 KDDI『au』 全37作品 1970.7 P‰
2 ソフトバンク『SoftBank』 全35作品 1464.0 P‰
3 ゼスプリ インターナショナル ジャパン『ゼスプリ キウイフルーツ』 全1作品 576.7 P‰
4 ソフトバンク『Y!mobile』 全9作品 555.3 P‰
5 NTTドコモ『NTT DOCOMO』 全65作品 531.3 P‰
6 日本マクドナルド『ちょいマック』 全5作品 513.3 P‰
7 UQコミュニケーションズ『UQ mobile』 全8作品 442.7 P‰
8 花王『アタックZERO』 全18作品 413.3 P‰
9 日産自動車『企業』 全8作品 406.7 P‰
10 Uber Eats Japan『Uber Eats』 全9作品 372.7 P‰
調査期間:2019年10月20日〜2020年10月19日、東京キー5局(全オンエア数:6631銘柄)
調査対象:関東1都6県在住の一般モニター(各月4日・19日実査/各月計3000人)
※銘柄別集計
※同一のCM好感度の場合、CM好感要因15項目の得票数と試用意向度、愛用持続度を総計した「総得点」によってランキングしています。

「CM好感度」は株式会社東京企画の登録商標です。
データの転載・引用をご希望の場合は、事前に【お問い合わせ】よりご相談ください。
CMに対する消費者の声を観測し続けています。