グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  CM INDEX WEB >  CM好感度クロニクル(2007年8月度)

CM好感度クロニクル(2007年8月度)


あの時代にヒットしたCMは?懐かしのCM好感度ランキングを振り返ります。

「白戸家」シリーズが初の総合1位

 ソフトバンクモバイル『SoftBank』が、「白戸家」シリーズ開始後では初のCM好感度総合1位に輝いた。樋口可南子が家族に携帯電話でどら焼きの場所を尋ねるCMなどが好調だった。2位の『NTT DOCOMO』は、浅野忠信と長瀬智也、妻夫木聡と木村祐一らのコミカルなやりとりを描くCMが票を集めた。3位は日本コカ・コーラ『ジョージア』で、渡哲也と山崎静代が会社員に扮したCMがヒットした。
 SMAPの出演CMや楽曲を使用したCMも注目を集めた。資生堂『TSUBAKI』は『Dear WOMAN』を使用し、蒼井優や杏らが出演するCMが支持された。大塚製薬『ポカリスエット』のCMは『SMAP No.5』をBGMにSMAPの5人が砂漠化した惑星で恐竜の化石に追われる内容だ。WOWOWはアニメや時代劇などの世界を木村拓哉が自転車で駆け抜けるCMで票を伸ばした。
順位 企業名『銘柄名』代表作品名(出演者) CM好感度
1 ソフトバンクモバイル『SoftBank』白戸家:家族で通話篇(上戸彩/樋口可南子ほか) 296.0P‰
2 NTTドコモ『NTT DOCOMO』704i DEBUT篇(浅野忠信/長瀬智也) 205.3P‰
3 日本コカ・コーラ『ジョージア』謝罪篇(渡哲也/山崎静代) 78.7P‰
4 資生堂『TSUBAKI』光篇(蒼井優/杏/相沢紗世/原田夏希/入山法子) 71.3P‰
5 サントリー『ボス』空港篇(トミー・リー・ジョーンズ/上島竜兵) 54.7P‰
6 カルピス『カルピスウォーター』少年の夏・海の家篇(長澤まさみ/池松壮亮) 52.0P‰
7 クラシエホームプロダクツ『ナイーブボディソープ』バレーボール篇 50.7P‰
8 大塚製薬『ポカリスエット』砂の惑星篇(SMAP) 50.0P‰
9 サントリー『ダカラ』スープ篇(ピグリン・ブランド) 48.0P‰
10 WOWOW『イメージアップ』いくつもの世界へサイクリング篇(木村拓哉) 43.3P‰
調査期間:2007年7月20日~2007年8月19日、東京キー5局(好感獲得数:1,140銘柄)
調査対象:3,000人
※銘柄別集計
※同一のCM好感度の場合、CM好感要因15項目の得票数と試用意向度、愛用持続度を総計した「総得点」によってランキングしています。
※企業・銘柄・作品名はCM総合研究所の登録名称であり、正式名称と異なる場合があります。

「CM好感度」は株式会社東京企画の登録商標です。
データの転載・引用をご希望の場合は、事前に【お問い合わせ】よりご相談ください。
CMに対する消費者の声を観測し続けています。