グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  CM INDEX WEB >  CM好感度クロニクル(1992年2月度)

CM好感度クロニクル(1992年2月度)


あの時代にヒットしたCMは?懐かしのCM好感度ランキングを振り返ります。

宮沢りえ出演作が好評価を獲得

 1992年2月度のCM好感度1位はエースコック『スーパーカップ』。ビートたけしと宮沢りえが「♪約束せずに 別れたけれど」などと歌うCMソングをバックにふたりが焚火をしながら商品を味わうCMが好評価を得た。4位には宮沢出演のダイハツ『オプティ』がランクイン。「宮沢発言。」のテロップとともに彼女が記者会見風に商品名を発表するCMだ。
 サントリー『モルツ』は商品名を歌い込むCMソングと「うまいんだな、これがっ」というセリフで展開するシリーズが快走。ジョギング中の萩原健一や風呂上がりの和久井映見が商品を飲む姿を描いたCMで得票した。3位はJR東日本の3月14日のダイヤ改正を伝えるCM。小泉今日子が駅のホームで“ダイヤ”に関するクイズを出すCMなどが支持された。
順位 企業名『銘柄名』代表作品名(出演者) CM好感度
1 エースコック『スーパーカップ』焚火篇(ビートたけし/宮沢りえ) 158P
2 サントリー『モルツ』自販機前の葛藤篇(萩原健一) 81P
3 JR東日本『ダイヤ改正』ダイヤの意味篇(小泉今日子) 73P
4 ダイハツ『オプティ』宮沢発言篇(宮沢りえ) 73P
5 ピップフジモト『ピップエレキバン』大道芸人篇(樹木希林) 50P
6 東京海上『イメージアップ』オランウータン篇 43P
7 大塚食品『ボンカレー』ケンタの心配篇(松坂慶子) 41P
8 東京電力『イメージアップ』赤ちゃんの笑い声篇(バヂャー一家) 40P
9 JR東海『のぞみ』嘘だったら篇 40P
10 ハウス食品『うまいっしょ』13回目の失恋篇(篠ひろ子/小野寺昭/田中義剛) 37P
調査期間:1992年1月21日~1992年2月20日、東京キー5局(好感獲得数:766銘柄)
調査対象:1000人
※銘柄別集計
※同一のCM好感度の場合、CM好感要因15項目の得票数と試用意向度、愛用持続度を総計した「総得点」によってランキングしています。
※企業・銘柄・作品名はCM総合研究所の登録名称であり、正式名称と異なる場合があります。

「CM好感度」は株式会社東京企画の登録商標です。
データの転載・引用をご希望の場合は、事前に【お問い合わせ】よりご相談ください。
CMに対する消費者の声を観測し続けています。