CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

月刊CM INDEX 2017年12月号(2017年11月度調査結果)

cmindex201712

絶えず発信される企業からのコマーシャルメッセージは、どのように消費者に受け取られているのか?『月刊 CM INDEX』では、CM総合研究所のデータをもとに、企業意図と消費者動向の間にある因果関係を紐解く。最新のヒットCMランキングをはじめ、全産業別の検証、年齢階層別・好感要因別のランキングなど、多角的にCMのオンエア効果を検証するCM専門の情報誌。

2017年12月15日発売
84ページ/B5/本体 2,500円(税込 2,700円)

【月刊CM INDEXの読者アンケートにご協力ください】

内容

CMデータ検証2017年のテレビCM概況

※画像クリックで拡大表示

2017年は、3連覇を達成したKDDI『au』を筆頭に、通信・サービス系のCMが高い評価を得た。話題性の高い楽曲の使用やインパクトのある歌唱シーンをフックにしたCMも人々の心を捉えた。
この1年間、テレビCMにどのような動きがあったのか、データとともに振り返る。

2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
フィルム部門受賞作に見る広告の可能性

※画像クリックで拡大表示

一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(ACC)は「2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」の贈賞式を11月1日に開催した。今年度より名称を変更した同アワードはテレビ、ラジオCMの質的向上を目的に1961年より開催されてきた広告賞「ACC CM FESTIVAL」を前身とするもので日本最大級のアワードとして広く認知されている。
本特集ではフィルム部門受賞作の紹介とともに同部門審査委員長の電通・澤本嘉光氏のインタビューを掲載。審査の過程やこれからの広告に求められるクリエイティビティについてお聞きした。

目次
2 最新CMレポート
SoftBankが3年ぶりのCM好感度No.1
4 今月のCM好感度 新作トップ10
15 ヒットCM 作った人に聞きました
佐藤 雄介 氏(株式会社 電通)
16 高崎卓馬のCM温故知新
Vol.62 愛は巡るもの
17 広告人のCM好感度調査
18 CMデータ検証
2017年のテレビCM概況
22
2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
フィルム部門受賞作に見る広告の可能性
28 20業類別 CM好感度レポート
64 階層別CM好感度ランキング
66 CM好感要因ランキング
68 関西CM好感度調査
70 BSデジタル放送CMレポート
71 CM好感度クロニクル 2004年11月度
72 CM TOPICS

バックナンバー

TEL:03‐6435‐7760 FAX:03‐6435‐7761 月刊CM INDEX 編集部 佐久間

バックナンバー バックナンバーの申し込み


ページ先頭へ