CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

月刊CM INDEX 2016年5月号(2016年4月度調査結果)

cmindex201605

絶えず発信される企業からのコマーシャルメッセージは、どのように消費者に受け取られているのか?
『月刊 CM INDEX』では、CM総合研究所のデータをもとに、企業意図と消費者動向の間にある因果関係を紐解く。最新のヒットCMランキングをはじめ、全産業別の検証、年齢階層別・好感要因別のランキングなど、多角的にCMのオンエア効果を検証するCM専門の情報誌。

2016年5月15日発売
100ページ/B5/本体 2,500円(税込 2,700円)

【月刊CM INDEXの読者アンケートにご協力ください】

内容

2015年度・年間集計
CM好感度白書

※画像クリックで拡大表示

企業別CM好感度の総合1位は2年連続でKDDIとなった。松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎を演じる『au』の「三太郎」シリーズが圧倒的な強さを見せた。続く2位も2年連続でソフトバンク。「白戸家」に白い子犬の"ギガ"を加えたCM展開を行った『SoftBank』に加え、猫の"ふてニャン"をメインキャラクターに平祐奈や桐谷美玲などが登場した『ワイモバイル』も好調だった。(「CM好感度 トップ200社」本文より)

広告主インタビュー内閣府
日常のコミュニケーションが詐欺の抑止力に

※画像クリックで拡大表示

内閣府は、「高齢者詐欺被害の未然防止」を目的とした啓発キャンペーンの一環としてカンニング竹山主演のドラマCMを展開。制作の経緯や狙いについて、内閣府の本山誠志氏に加え、制作に携わった岡村めぐみ氏と速水一浩氏にお話をうかがった。
インタビュイー:大臣官房政府広報室 広報第1担当 広報専門官 本山 誠志氏

公益財団法人 JKA
東京オリンピックに向けて競輪の認知拡大を

※画像クリックで拡大表示

公益財団法人 JKAは、「LIVE! LIVE! LIVE! いざ競輪場へ。」をキャッチコピーとした新CMを4月1日に開始した。競輪の魅力やCM展開の狙いなどについて、白仁田洋介氏にお話をうかがった。
インタビュイー:公益財団法人 JKA 競輪広報部部長(現:競輪情報システム部部長) 白仁田 洋介氏

目次
2 最新CMレポート
auが多彩な展開で新年度も首位スタート
4 今月のCM好感度 新作トップ10
15 2015年度・年間集計
CM好感度白書
16 CM好感度 ベスト・アドバタイザー KDDI
18 受賞記念インタビュー
20 CM好感度 トップ200社
34 20業類別 CM好感度レポート
74 関西CM好感度調査
76 BSデジタル放送CMレポート
77 CM好感度クロニクル 2007年4月度
78 高崎卓馬のCM温故知新
vol.46 大貫卓也の背中
80 広告主インタビュー
内閣府
日常のコミュニケーションが詐欺の抑止力に
82 公益財団法人 JKA
東京オリンピックに向けて競輪の認知拡大を
84 CM TOPICS

バックナンバー

TEL:03‐6435‐7760 FAX:03‐6435‐7761 月刊CM INDEX 編集部 佐久間

バックナンバー バックナンバーの申し込み


ページ先頭へ