CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

月刊CM INDEX 2016年4月号(2016年3月度調査結果)

cmindex201604

絶えず発信される企業からのコマーシャルメッセージは、どのように消費者に受け取られているのか?『月刊CM INDEX』では、CM総合研究所のデータをもとに、企業意図と消費者動向の間にある因果関係を紐解く。最新のヒットCMランキングをはじめ、全産業別の検証、年齢階層別・好感要因別のランキングなど、多角的にCMのオンエア効果を検証するCM専門の情報誌。

2016年4月15日発売
92ページ/B5/本体 2,500円(税込 2,700円)

【月刊CM INDEXの読者アンケートにご協力ください】

内容

クリエイターインタビュー木下一郎氏/齋藤和典氏(株式会社電通)
KDDI『au』のクリエイターが語る CM好感度1位に必要なこと

※画像クリックで拡大表示

KDDI『au』は昔話をモチーフにした「三太郎」シリーズのCMを2015年1月に開始し、16カ月連続でCM好感度ナンバーワンに輝いている。 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターとして同社CMのクリエイティブを統括するおふたりに、ヒットCMに必要な要素を聞いた。 木下一郎氏「ルールを決めてクリエイティブを守る」 齋藤和典氏「『アイディアトライアングル』でCMを強くする」

特別企画関西CM好感度ランキング全638社

※画像クリックで拡大表示

昨年秋に正式にスタートした関西エリアでのCM好感度調査。関西でオンエアされているテレビCMを対象に、そこで暮らす人々のCMに対する評価を定量化し"関西のテレビCMの今"を映すデータとなっている。 本稿では調査開始時の2015年10月度に消費者から好感反応を獲得した全638社の顔ぶれを一挙に紹介する。

広告主インタビュー株式会社オリエントコーポレーション
伝える点を絞り込み表現を磨く

※画像クリックで拡大表示

株式会社オリエントコーポレーションは一昨年の企業CMに続き、『オリコカード』のCMを再開。少ないカット、セリフ数で展開される長瀬智也出演作は多くの支持を集めた。CMを再開した経緯や表現の狙いについてお話しをうかがった。 インタビュイー:株式会社オリエントコーポレーション 経営企画グループ 広報・宣伝部長 兼 CSR推進室長 北村 圭氏

目次
3 リニューアルにあたって
4 最新CMレポート
春のケータイCM合戦、制するはau
6 今月のCM好感度 新作トップ10
19 クリエイターインタビュー
木下一郎氏/齋藤和典氏(株式会社電通)
KDDI『au』のクリエイターが語る CM好感度1位に必要なこと
24 20業類別 CM好感度レポート
60 階層別CM好感度ランキング
62 CM好感要因ランキング
64 関西CM好感度調査
66 特別企画
関西CM好感度ランキング全638社
71 BSデジタル放送CMレポート
72 高崎卓馬のCM温故知新
#45 ルールを疑うと、いいことがある。
73 CM好感度クロニクル 2009年3月度
74 広告主インタビュー
株式会社オリエントコーポレーション
伝える点を絞り込み表現を磨く
76 CM TOPICS

バックナンバー

TEL:03‐6435‐7760 FAX:03‐6435‐7761 月刊CM INDEX 編集部 佐久間

バックナンバー バックナンバーの申し込み


ページ先頭へ