CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

月刊CM INDEX 2014年7月号(2014年6月度調査結果)

cmindex201407

絶えず発信される企業からのコマーシャルメッセージは、どのように消費者に受け取られているのか?『月刊 CM INDEX』では、CM総合研究所のデータをもとに、企業意図と消費者動向の間にある因果関係を紐解く。最新のヒットCMランキングをはじめ、全産業別の検証、年齢階層別・好感要因別のランキングなど、多角的にCMのオンエア効果を検証するCM専門の情報誌。

2014年7月15日発売
128ページ/B5変形/本体 2,500円(税込 2,700円)

【月刊CM INDEXの読者アンケートにご協力ください】

内容

CM好感度 躍進企業インタビュー①株式会社 明光ネットワークジャパン
多くの共感を呼んだ「やればできる子」というメッセージ

※画像クリックで拡大表示

CMデータ検証企画の特別編として、「CM好感度 躍進企業特集」と題し、2013年度(2013年4月度~2014年3月度・年間累計)に前年度からCM好感度を大きく伸ばして100ランク以上のランクアップに成功した「CM好感度 躍進企業」484社を紹介。そのうち2社にインタビューを行い、CMをヒットさせるために行った施策について語っていただいた。 個別指導塾のパイオニアとして『明光義塾』全国2100以上の教室を展開する株式会社?明光ネットワークジャパンは、線画のアニメーションによるCMを2007年から展開している。2014年1月には「やればできる子」を「YDK」と略して歌い上げるシリーズを開始。これが牽引し、2013年度の企業別CM好感度でそれまでの自己最高スコアを3倍近く上回る大躍進を遂げた(総合225位)。これらCM展開の狙いなどについてお話をうかがった。

CM好感度 躍進企業インタビュー②グーグル 株式会社
マルチスクリーンで切り開く効果的なコミュニケーション方法

※画像クリックで拡大表示

『Google 検索』をはじめとする各種サービスを提供するGoogleは、日本国内で2009年11月からテレビCM を使ったキャンペーンを開始した。2013年度はダンスの教え方に試行錯誤する男性教師を描いたCMや、ルームメイトであるふたりの若者が音声検索を使ってさまざまな体験をするCMが牽引役となり、CM好感度を大きく伸長させた。これらのCMの担当者に、それぞれのコミュニケーションについてお話をうかがった。

クリエイターインタビュー佐藤 可士和氏 (SAMURAI)
コミュニケーションの前提は伝えるべき価値の本質をつかむこと

※画像クリックで拡大表示

発売20周年を迎えた森永製菓のゼリー飲料『ウイダーinゼリー』の全面リニューアル、"第3のカレー"という新ジャンルを市場に打ち出した日清食品の即席カップライス『カレーメシ』。その仕掛け人としてパッケージデザインや広告制作などブランドのトータルプロデュースに携わったのが、クリエイティブディレクター/アートディレクターの佐藤可士和氏だ。それぞれの商品のプロデュースを手掛けるに至った経緯や広告・デザイン上の狙い、そして自身がクリエイターとして大切にしている考えなどについてお話をうかがった。

広告主インタビュー①伊藤ハム 株式会社
粗挽きウインナーに新しい価値軸を

※画像クリックで拡大表示

伊藤ハム 株式会社は1998年発売のウインナー『アルトバイエルン』をベースとした、「コク・深み」が特長の『The GRAND アルトバイエルン』を3月1日に発売した。商品を開発した経緯やその特徴、コミュニケーション戦略について、同社の塙平昇氏と小林秀光氏にお話をうかがった。

広告主インタビュー②株式会社 エクソル
太陽光発電でエネルギーコストに挑む

※画像クリックで拡大表示

太陽光発電のあらゆる分野にかかわる企業としてトータルでソリューションを提供し、業界をリードする株式会社エクソル。2012年から音楽家の坂本龍一をイメージキャラクターに起用したテレビCMを展開し、今年7月14日からは坂本が太陽光で作られたエネルギーで音楽を奏でる新CMをオンエアした。同社の小山壮太氏に事業内容やCMをオンエアする狙い、今後の展望についてお話をうかがった。

目次
2 最新CMレポート
ダイハツ/Tantoが初のNo.1に
7 今月のCM好感度 新作トップ10
18 高崎卓馬の、CM温故知新
#26 余計なものが愛される。
20 CMデータ検証・特別編
CM好感度 躍進企業特集
ランクアップを導いた広告戦略とは
22 CM好感度 躍進企業インタビュー
①株式会社 明光ネットワークジャパン
②グーグル 株式会社
30 クリエイターインタビュー
佐藤 可士和氏(SAMURAI)
コミュニケーションの前提は伝えるべき価値の本質をつかむこと
35 20業類別 CM好感度レポート
41 CM好感度クロニクル 2006年6月度
79 銘柄別 CMデータ集
91 CM TOPICS
102 広告主インタビュー
①伊藤ハム 株式会社
②株式会社 エクソル
110 特別インタビュー
DTCソリューション協議会
DTC活動のさらなる発展のために
112 取材レポート
東京おもちゃショー2014
115 指標解説
CM総研データベース

バックナンバー

TEL:03‐6435‐7760 FAX:03‐6435‐7761 月刊CM INDEX 編集部 佐久間

バックナンバー バックナンバーの申し込み


ページ先頭へ