CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

月刊CM INDEX 2014年2月号(2014年1月度調査結果)

cmindex201402

絶えず発信される企業からのコマーシャルメッセージは、どのように消費者に受け取られているのか?『月刊 CM INDEX』では、CM総合研究所のデータをもとに、企業意図と消費者動向の間にある因果関係を紐解く。最新のヒットCMランキングをはじめ、全産業別の検証、年齢階層別・好感要因別のランキングなど、多角的にCMのオンエア効果を検証するCM専門の情報誌。

2014年2月15日発売
124ページ/B5変形/本体 2,500円(税込 2,700円)

【月刊CM INDEXの読者アンケートにご協力ください】

内容

今月のCM好感度 新作トップ10
消費者3000人のCM好感度調査10周年

※画像クリックで拡大表示

当月度に誕生した1071作品のトップは日本コカ・コーラ/コカ・コーラ。2007年2月度の「HAPPINESS FACTORY」篇以来の新作1位となったほか、作品別の総合でも3度目の1位に輝いた。本作は、「ハッピーをあげよう。」をキャンペーンテーマとしたウィンターキャンペーンの第3弾CMだ。

CMデータ検証2014年のお正月CM概況
三が日のオンエア状況とCM好感度

※画像クリックで拡大表示

毎年、新しい年のスタートにオンエアされるCMは、その年の景気の先行きを映し出すものだ。2014年のお正月を彩ったCMはどのようなものだったのかを検証した。

クリエイターインタビュー
奥野 圭亮氏(株式会社 電通)
経営から考えるとCMのヒット率が高まる

※画像クリックで拡大表示

7年ぶりのCM好感度総合1位(2013年10月度、11月度)に輝くなど快進撃を続けているKDDI『au』。大ヒットのきっかけとなった「CHANNEL au」シリーズのクリエーションに2013年3月から携わっている奥野圭亮氏にお話をうかがった。『au』の広告制作のエピソードを中心に、テレビCMに対する考えやCMプランナーの役割などについて語っていただいた。

広告主インタビュー富士フイルム 株式会社
"あきらめない"DNAで新たな価値を切り開く

※画像クリックで拡大表示

富士フイルム株式会社は、「お正月を写そう♪」のCMで2014年最初のCM好感度作品別総合1位に輝いた(1月前期調査)。正月の風物詩である同シリーズをはじめ、化粧品や医療分野など事業の多角化に伴ったCM展開を行う同社。写真フィルムに始まる80年間の歴史を振り返りながら、新スローガンに込めた思いやCMの狙いについて宣伝部長の河野通治氏にうかがった。

CMロケ地を巡る長崎県平戸市
CMから見える平戸の魅力

※画像クリックで拡大表示

タレントや音楽と同じように、美しい景色もCMを形成する重要な要素のひとつだ。景勝地や有名な都市の町並みだけではなく、あまり知られていない美しい光景もCMには映し出される。本稿では数々の自動車CMのロケ地に選ばれている九州の長崎県平戸市にスポットを当て、平戸市商工会理事の森能範氏にその魅力や取り組みについてお話をうかがった。

目次
2 最新CMレポート
年末年始は『SoftBank』が7シーズン連続で制する
7 今月のCM好感度 新作トップ10
20 CMデータ検証
2014年のお正月CM概況
三が日のオンエア状況とCM好感度
24 クリエイターインタビュー
奥野 圭亮氏(株式会社 電通)
経営から考えるとCMのヒット率が高まる
31 20業類別
CM好感度レポート
75 銘柄別
CMデータ集
96 CM好感度クロニクル 1997年1月度
87 CM TOPICS
102 広告主インタビュー
富士フイルム 株式会社
"あきらめない"DNAで新たな価値を切り開く
106 CMロケ地を巡る
長崎県平戸市
CMから見える平戸の魅力
111 指標解説
CM総研データベース

バックナンバー

TEL:03‐6435‐7760 FAX:03‐6435‐7761 月刊CM INDEX 編集部 佐久間

バックナンバー バックナンバーの申し込み


ページ先頭へ