CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

月刊CM INDEX 2013年4月号(2013年3月度調査結果)

cmindex201304

絶えず発信される企業からのコマーシャルメッセージは、どのように消費者に受け取られているのか?『月刊 CM INDEX』では、CM総合研究所のデータをもとに、企業意図と消費者動向の間にある因果関係を紐解く。最新のヒットCMランキングをはじめ、全産業別の検証、年齢階層別・好感要因別のランキングなど、多角的にCMのオンエア効果を検証するCM専門の情報誌。

2013年4月15日発売
132ページ/B5変形/本体 2,500円(税込 2,700円)

【月刊CM INDEXの読者アンケートにご協力ください】

内容

CMデータ検証BSデジタル放送データ検証【2】
BS放送でオンエアされるCMの特徴とは

※画像クリックで拡大表示

民放BS5局で放送されているCMについてレポートした第2弾。2012年10月第3週をサンプルに取り上げて紹介した2013年1月号に続く今回は、検証期間を2月1日から28日までの1カ月に延ばし、秒数別・曜日別の放送回数やオンエアログから読み取れるBSデジタル放送のCMの特徴をレポートする。

クリエイターインタビュー塩崎 秀彦氏(株式会社 博報堂)
「進化」を効率的に伝えるフレーム

※画像クリックで拡大表示

ダイハツ『ムーヴ』は2012年12月のマイナーチェンジに合わせ、「その進化は事件だ。」「低燃費、だけじゃない。」をコピーに役所広司と八嶋智人、渡部篤郎、鈴木京香が法廷劇を繰り広げるCMシリーズをスタート。2013年1月度には銘柄別CM好感度で総合2位となり、以降も3カ月連続で総合トップ10入りするなど大ヒットとなった。一連のCMの企画とクリエイティブ・ディレクションを担当した塩崎秀彦氏にお話をうかがった。

広告主インタビュー①株式会社 マガジンハウス
個性の異なる雑誌をひとつにした企業広告

※画像クリックで拡大表示

株式会社 マガジンハウスは、「彼女と別れてひと月たった」というナレーションで始まり同社が刊行する雑誌や書籍が登場するCMシリーズ「恋とマガジンハウス」全7篇を今年1月からオンエアした。2002年8月に展開した雑誌『クロワッサン』のCM以来、約10年半ぶりにCMを展開するに至った経緯やその反響などを、同社の島田修氏にうかがった。

広告主インタビュー②株式会社 アビバ
新キャラクターの起用でイメージ転換を図る

※画像クリックで拡大表示

全国にパソコン教室を展開する株式会社 アビバは、アニメ『銀河鉄道999』のヒロイン・メーテルを起用した新CMを3月1日に開始した。1996年のCM開始当初から加藤茶やガッツ石松といった有名タレントを起用してコミカルなCMを中心に展開し、2000年代後半からはパソコンスキルにフォーカスして訴求していた同社が今回のキャラクター起用に至った理由とは? その狙いやこれまでのCM展開についてを、同社の中原慎太郎氏にうかがった。

広告主インタビュー③株式会社 イシダ
BtoB企業がCMで知名度アップを狙った理由

※画像クリックで拡大表示

民間初のハカリメーカーとして1893年に創業し、業務用の計量機器や包装システムなどを製造・販売する株式会社 イシダは、昨年末から年始にかけて1995年以来となるCM展開を行った。同社の異物検出装置に用いられている高い技術力をおすぎとピーコを起用してユーモラスにアピールし、1週間のみのスポットながら2013年1月度のCM好感度調査では52.0P‰を記録。総合13位のビッグヒットとなった。このCM展開の意図や制作の背景などを同社の灘宏志氏にお話しいただいた。

目次
2 最新CMレポート
総合トップ3は2カ月連続で携帯キャリアが独占
7 今月のCM好感度 新作トップ10
18 髙崎卓馬の、CM温故知新
♯17 人間だもの
20 CMデータ検証
BSデジタル放送データ検証【2】
BS放送でオンエアされるCMの特徴とは
26 クリエイターインタビュー
塩崎 秀彦氏(株式会社 博報堂)
「進化」を効率的に伝えるフレーム
33 20業類別
CM好感度レポート
77 銘柄別
CMデータ集
88 CM好感度クロニクル 2007年6月度
89 CM TOPICS
108 広告主インタビュー①
個性の異なる雑誌をひとつにした企業広告
株式会社 マガジンハウス
110 広告主インタビュー②
新キャラクターの起用でイメージ転換を図る
株式会社 アビバ
112 広告主インタビュー③
BtoB企業がCMで知名度アップを狙った理由
株式会社 イシダ
116 特別インタビュー
アジアに“日本のいま”を伝える
日経・TBSスマートメディア
119 指標解説
CM総研データベース

バックナンバー

TEL:03‐6435‐7760 FAX:03‐6435‐7761 月刊CM INDEX 編集部 佐久間

バックナンバー バックナンバーの申し込み


ページ先頭へ