CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

月刊CM INDEX 2013年2月号(2013年1月度調査結果)

cmindex201302

絶えず発信される企業からのコマーシャルメッセージは、どのように消費者に受け取られているのか?『月刊 CM INDEX』では、CM総合研究所のデータをもとに、企業意図と消費者動向の間にある因果関係を紐解く。最新のヒットCMランキングをはじめ、全産業別の検証、年齢階層別・好感要因別のランキングなど、多角的にCMのオンエア効果を検証するCM専門の情報誌。

2013年2月15日発売
132ページ/B5変形/本体 2,500円(税込 2,700円)

【月刊CM INDEXの読者アンケートにご協力ください】

内容

今月のCM好感度 新作トップ10

※画像クリックで拡大表示

当月度に誕生した1054作品のトップはダイワハウス/イメージアップ。新作トップ10入りは2年ぶりで、総合でも作品別で12カ月連続首位のソフトバンクモバイル/SoftBankを抑えて初の1位に輝いた。今作の舞台は、露店が並ぶベトナムの街の一角。「へー、ダイワハウスがベトナムに工業団地を建設するんだ~」と言う役所に、監督役の古田新太は「日系企業がアジアの拠点にできるようにと考えられた壮大な開発計画です」と説明する。

株式会社 デルフィス × CM総合研究所 CM博士化プロジェクト3省エネCMの研究
少ない出稿量で高いCM好感度を獲得するCMとは?

※画像クリックで拡大表示

株式会社デルフィスとCM総合研究所の協働プロジェクトとして、2012年1月号に「CM好感度獲得のための法則」を明らかにする試みからスタートした『CM博士化プロジェクト』は、2012年10月号・11月号で「タレントの効果的な活用方法」を2カ月にわたってレポートした。第3弾となる今回のテーマは「CMの好感獲得効率」。企業の宣伝担当者にとって経済環境の変化から予算削減を余儀なくされ、少ない広告費で最大の成果を求められる時代になって久しい。しかし、効率の高いCMとはどのようなものをいうのだろうか?少ない出稿量で高いCM好感度を獲得するCMを「省エネCM」と名付けてその特徴を分析し、出稿量が少ない時に活かせる「表現のポイント」を明示していきたい。

省エネCMの研究レポートの
ダウンロードはこちら(pdfファイル:1.4MB)

クリエイターインタビュー一倉 宏氏(一倉広告制作所 コピーライター)
言葉で伝わる広告を作り続ける

※画像クリックで拡大表示

「うまいんだな、これがっ。」(サントリー・モルツ/1992年)や「どこまで行ったら、未来だろう」(ソニー・ウォークマン/1988年)、「きれいなおねえさんは好きですか」(パナソニック/1992年)などのキャッチコピーで知られるコピーライターの一倉宏氏。広告のコピーにとどまらず作詞家としても活躍する一倉氏が長きにわたり広告を手掛ける積水ハウスは、2010年から「家に帰れば、積水ハウス。」というブランドスローガンとCMソング「積水ハウスの歌」を軸にしたCM展開で幅広い世代の好感を集めている。CMの狙いやクリエイティブへの思いを一倉氏に語っていただいた。

特別企画 ACCグランプリ受賞記念インタビュートヨタ自動車株式会社
トヨタブランドの再生をかけた企業広告

※画像クリックで拡大表示

「ReBORN」をキーワードに、木村拓哉とビートたけしが現代に転生した織田信長と豊臣秀吉として東北をドライブするトヨタ自動車株式会社の「DRIVE FOR TOHOKU」シリーズが、全日本シーエム放送連盟が主催する「ACC CM FESTIVAL」のテレビCM部門で2012年の総務大臣賞/ACCグランプリに輝いた。株式会社トヨタマーケティングジャパンの土橋代幸氏に、受賞の喜びと企業CM「ReBORN」シリーズの狙いを語っていただいた。

特別インタビュー茨城県
茨城の魅力を県内外に届けるために

※画像クリックで拡大表示

茨城県はインターネットテレビ『いばキラTV』を2012年10月1日に開局した。そこではテレビ朝日で放送中の磯山さやか出演のインフォマーシャル「磯山さやかの旬刊!いばらき」のほか、地域に根ざした動画コンテンツを公開し、郷土のイメージアップに努めている。開局の経緯やCM展開などについて、茨城県広報監の塩原信夫氏と広報戦略室長の高崎武夫氏にうかがった。

目次
2 最新CMレポート
年末年始の積極展開で自動車銘柄が上位に
7 今月のCM好感度 新作トップ10
18 髙崎卓馬の、CM温故知新
♯16 たくましく、いじられて
20 株式会社 デルフィス × CM総合研究所 CM博士化プロジェクト3
省エネCMの研究
少ない出稿量で高いCM好感度を獲得するCMとは?
レポート【前編】のダウンロードはこちら(pdfファイル:1.4MB)
32 クリエイターインタビュー
一倉 宏氏(一倉広告制作所 コピーライター)
言葉で伝わる広告を作り続ける
39 20業類別
CM好感度レポート
83 銘柄別
CMデータ集
94 CM好感度クロニクル 2000年1月度
95 CM TOPICS
110 特別企画 ACCグランプリ受賞記念インタビュー
トヨタブランドの再生をかけた企業広告
トヨタ自動車株式会社
114 特別インタビュー
茨城の魅力を県内外に届けるために
茨城県
119 指標解説
CM総研データベース

バックナンバー

TEL:03‐6435‐7760 FAX:03‐6435‐7761 月刊CM INDEX 編集部 佐久間

バックナンバー バックナンバーの申し込み


ページ先頭へ