CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

月刊CM INDEX 2017年3月号(2017年2月度調査結果)

cmindex201703

絶えず発信される企業からのコマーシャルメッセージは、どのように消費者に受け取られているのか?『月刊 CM INDEX』では、CM総合研究所のデータをもとに、企業意図と消費者動向の間にある因果関係を紐解く。最新のヒットCMランキングをはじめ、全産業別の検証、年齢階層別・好感要因別のランキングなど、多角的にCMのオンエア効果を検証するCM専門の情報誌。

2017年3月15日発売
84ページ/B5/本体 2,500円(税込 2,700円)

【月刊CM INDEXの読者アンケートにご協力ください】

内容

Creator Interview浜島 達也氏(株式会社 電通)
身も心も動かすコミュニケーション

※画像クリックで拡大表示

松本人志を起用したCMがヒットして2016年度のCM好感度で総合7位と初のトップ10入りを果たしたリクルート『タウンワーク』、山田孝之がさまざまな職業人を演じる作品が好調で3年連続トップ10入りとなった日本コカ・コーラ『ジョージア』を手掛ける浜島達也氏。
クリエイティブの狙いやCMを制作する上で大切にしていることをうかがった。

広告主インタビューボルボ・カー・ジャパン 株式会社
プレミアムカーの枠を超えた攻めのアイデアが話題に

※画像クリックで拡大表示

ボルボ・カー・ジャパン株式会社は月額定額制の新リースプラン『スマボ』のCMを開始した。『ボルボ』ブランドの新車が定額で利用できるサービスの特徴、CMや各種キャンペーンの狙いなどについてお話をうかがった。
インタビュイー:ボルボ・カー・ジャパン 株式会社 マーケティング部 ディレクター 関口憲義氏

広告の今を語るカンヌライオンズは最高の広告学校
株式会社 東映エージエンシー

※画像クリックで拡大表示

世界最大級の広告・コミュニケーションの祭典であるカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル。長年にわたってその日本代表理事を務める東映エージエンシーは世界屈指のクリエイティブを日本に伝え続けている。昨年のフェスティバルから見えたクリエイティブの潮流などについてお話をうかがった。
インタビュイー:株式会社 東映エージエンシー 国際部 伊藤拓磨氏

目次
2 最新CMレポート
通信系CMが学割訴求で上位を席巻
4 今月のCM好感度 新作トップ10
15 ヒットCM 作った人に聞きました
生駒 健太氏(ダンス・ウィズ・ヴォックス)
16 Creator Interview
浜島 達也氏(株式会社 電通)
身も心も動かすコミュニケーション
20 広告主インタビュー
ボルボ・カー・ジャパン 株式会社
プレミアムカーの枠を超えた攻めのアイデアが話題に
22 広告の今を語る
カンヌライオンズは最高の広告学校
株式会社 東映エージエンシー
26 20業類別 CM好感度レポート
62 階層別CM好感度ランキング
64 CM好感要因ランキング
66 関西CM好感度調査
68 BSデジタル放送CMレポート
69 CM好感度クロニクル 2001年2月度
70 高崎卓馬のCM温故知新
Vol.56 商品を見つめすぎていると、逆にダメになるという法則
72 CM TOPICS

バックナンバー

TEL:03‐6435‐7760 FAX:03‐6435‐7761 月刊CM INDEX 編集部 佐久間

バックナンバー バックナンバーの申し込み


ページ先頭へ