CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

2019年度 企業別CM好感度トップ10を発表 躍進企業も

CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2019年度(2019年4月度〜2020年3月度)のCM好感度No.1企業を「ベスト・アドバタイザー」として発表するとともに、企業別CM好感度ランキング上位と躍進企業の顔ぶれを発表いたします。

【 CM好感度No.1は6年連続でKDDI 花王と日本マクドナルドが自己最高位に 】



2019年度にCMを放送した全2520社のうち、KDDIがCM好感度1位となり6年連続でベスト・アドバタイザーに輝いた。松田翔太ら出演の「三太郎」シリーズが引き続き圧倒的な支持を集めた。
総合2位の花王は、松坂桃李や菅田将暉ら5人の俳優が商品について語らう『アタックZERO』、田中圭と橋本環奈出演の『ビオレ ボディウォッシュ』などが好調で、自己最高位を更新した。
総合3位はソフトバンク。『SoftBank』では岡田准一や賀来賢人、リーチ マイケルらが教師を演じる「青春放題」シリーズ、上戸彩ら出演の「白戸家」シリーズなどがヒットした。吉岡里帆や出川哲朗に加え、横浜流星や桑田真澄とMatt親子の起用が注目された『Y!mobile』も快走した。


(中略)


【 躍進企業1位はゼスプリインターナショナルジャパン 】



躍進企業のトップはゼスプリインターナショナルジャパン。キウイのキャラクター"キウイ・ブラザーズ"が「♪キウイ食って アゲリシャス」と歌い踊るCMを展開した『ゼスプリ キウイフルーツ』が好評だった。小学生や女性層を中心に多くの支持を集め、前年度の5倍超のCM好感度を獲得した。
ACジャパンは、さだまさしの『関白宣言』をアレンジした『にゃんぱく宣言』に乗せて猫の適正飼育を訴求するCMで好スコアをマーク。前年度から130ランク以上順位を上げた。
ブックオフコーポレーションは、楽器や服が並ぶ店内を見て文句を言う客に店員役の寺田心が「いけないの?」と涙ながらに訴えるCMなどがヒット。CM好感度は前年度の約90倍を記録した。


(後略)



>>リリース全文はこちらから(pdfファイル)


・対象期間:2019年4月20日〜2020年3月19日(東京キー5局)。モニターは関東1都6県在住の一般男女1500人

・企業、銘柄名はCM総合研究所のデータベースの登録名称であり、正式名称と異なる場合があります

・データ使用の際は「CM総合研究所調べ」の明記をお願いします



◾️お問い合わせ:CM総合研究所 広報部
  当サイトの問い合わせフォームよりお願いいたします。


ページ先頭へ