CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

2017年度 企業別CM好感度ランキング

CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2017年度(2017年4月度~2018年3月度)のCM好感度No.1企業を『ベスト・アドバタイザー』として発表するとともに、企業別CM好感度ランキング上位の顔ぶれをレポートいたします。合わせて、前年度からCM好感度の順位を飛躍的に伸ばした「躍進企業」の顔ぶれも発表いたします。

「三太郎」シリーズでKDDIが4連覇。新キャラクターが原動力に

 KDDIが4年連続でベスト・アドバタイザーに輝いた。『au』の「三太郎」シリーズを軸に12カ月中10カ月でナンバーワンと年間を通して他を圧倒した。7月にはデータ利用量に応じて自動的に定額料金が変動する『auピタットプラン』の提供開始に伴い、新キャラクター・織姫(川栄李奈)が登場。姉の乙姫(菜々緒)のもとでバイトをしたり、正月の餅つきなどを経て金太郎(濱田岳)とカップルになったりと、ストーリーがさらに自由な広がりを見せ、人気シリーズに弾みをつけた。
 2018年に入って学割訴求が始まると、鬼(菅田将暉)の長男"赤鬼"役として鈴木福が新たに出演。父子で思いを通わせる二人旅や寺子屋の入学式、通学の道中で鬼が"子煩悩"な一面を垣間見せるなど、二人を介して「親子で笑おう」というコンセプトを印象づけた。



携帯キャリア3社が初めてトップ3に、日清食品とリクルートは自己最高スコアを更新

 第2位は、『SoftBank』『ワイモバイル』を擁するソフトバンクだ。『SoftBank』では「白戸家」シリーズ10周年を機に古田新太と竹内涼真、杉咲花が"新しい家族"として白戸家の前に現れ、シリーズ終了を思わせる仕掛けが話題を誘った。1月からは竹内演じる"リョウマ先生"を中心に、対象に先生も追加された2018年の学割キャンペーン『学割先生』を訴求するシリーズを展開中だ。また『ワイモバイル』でも昨年12月に「ワイモバ学園」シリーズを開始し、「双子ダンス部」など部活を題材としたCMが若年女子に的中。2月には韓国のアイドルグループ・TWICEが転校生役で登場してさらにCM好感度を押し上げた。
 続く3位のNTTドコモは7年ぶりのトップ3入りを果たした。通信大手キャリア3社が3位までにそろうのは本年度が初めてとなる。堤真一らが「得ダネ」を追う新聞記者を演じるシリーズのうち、高畑充希がブルゾンちえみになりきる作品が大ヒット......


【躍進企業】
Indeed Japanが700ランク以上アップ! 躍進企業No.1に輝く


 躍進企業25社のトップはIndeed Japanで、前年度から700ランク以上を引き上げた。斎藤工と泉里香がさまざまな職業に扮し、『幸せなら手をたたこう』のメロディーに乗せて「♪仕事さがしはIndeed」「♪バイトさがしはIndeed」とサービス名を繰り返し歌うシリーズを7月にスタート。以降、クリスマスや年末年始、バレンタインデーなど季節感ある新作を矢継ぎ早にオンエアし、ランキング上位の常連となった。前年度からCM好感度を飛躍的に伸ばし......


※ 躍進企業:CM好感度で総合200位以内に入った企業のうち、前年度のCM好感度を上回り、
  かつ総合順位が100ランク以上アップした企業と、2017年度にCMを開始または再開した企業。
  本年度は25社が該当。


・2017年度のCM展開:全2474社(東京キー5局)
・集計期間:2017年4月度~2018年3月度(2017年3月20日~2018年3月19日)
・関東一都六県在住の一般モニター男女3000人の「月例CM好感度調査」の12カ月分より集計
・企業、銘柄、作品名はCM総合研究所のデータベースの登録名称であり、正式名称と異なる場合があります
・データ使用の際は「CM総合研究所調べ」の明記をお願いします

■お問い合わせ先 CM総合研究所 広報部:武藤 佐久間 TEL 03-6435-7420 


>>pdf続きを読む(pdfファイル:389KB)


ページ先頭へ