CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

2016年度 CMタレント好感度ランキング

 CM総合研究所(東京都港区/代表・関根心太郎)は、2016年度(2016年4月度〜 2017年3月度)のCMタレント好感度ランキングならびに出演実績を発表するとともに、男性部門、女性部門の上位の顔ぶれについてレポートいたします。

男性部門は"浦ちゃん"役の桐谷健太がV2!
『au』の「三太郎」シリーズのキャストがTOP5を独占


 2016年度のCMタレント好感度ランキングで、男性部門1位に輝いたのは2年連続で桐谷健太となった。KDDI『au』の「三太郎」シリーズでは、乙姫に恋する純情な青年であり、学校に通えば天才的なユニークさを発揮する"浦ちゃん"こと浦島太郎を演じている。KDDIのほか、ケンタッキーなど3社に出演している。
 2位には桃太郎役の松田翔太、3位が金太郎役の濱田岳、鬼役の菅田将暉は4位、5位には一寸法師役の前野朋哉がランクイン。「三太郎」シリーズの出演者が上位を独占した。5人の中で出演社数が最も多いのは4位の菅田将暉。8社に出演し、『au』では子だくさんで超軽い"鬼ちゃん"、日本コカ・コーラ『ファンタ』では"ラッパー"、住友生命『ワンアップ』では会社員の"上野一"、吉野家は"牛丼屋の店員"と多様に演じ分け、CMでも"カメレオン俳優"ぶり............

女性部門も"かぐちゃん"役の有村架純が2連覇
--上位は携帯キャリアの出演者たち


 女性部門1位も『au』の「三太郎」シリーズから、桃太郎の妻"かぐちゃん"を演じた有村架純が2年連続でCMクイーンの座を射止めた。KDDIのほか、伊藤園、日本中央競馬会、第一三共ヘルスケアなど幅広い業界の11社に出演した。また、今春からNHKの朝の連続ドラマの主演も務めるなど活躍の場をさらに広げている。
 2位にも「三太郎」シリーズで乙姫を演じた菜々緒が入った。P&G、オープンハウスなど、目力のある個性的なキャラクターを活かして8社に出演している。
 一方、KDDIとしのぎを削るソフトバンク勢からは...............

出演実績の男性部門トップは遠藤憲一、女性部門ではローラ
注目のシンデレラ・ガールは永野芽郁と吉岡里帆


 出演したCMの企業数で見ると、男性部門で10社以上の出演実績があったのは13人。トップは14社に出演した遠藤憲一で、ホクト『霜降りひらたけ』などインパクトの強い演技が光った。次いで相葉雅紀とDAIGOが13社、西島秀俊が12社、マツコ・デラックスと錦織圭が11社。相葉以外の嵐のメンバー、二宮和也、櫻井翔、松本潤、大野智は仲良く10社で並んだ。キャラが立つ斎藤司、松岡修造、又吉直樹の三人も10社に出演した。
 女性部門で10社以上の出演実績があるのは10人だった。ローラが17社、広瀬すずが15社、吉田羊と渡辺直美が13社。12社に出演したのは綾瀬はるかと松岡茉優。新旧CMクィーンの有村架純と上戸彩が11社、桐谷美玲と波瑠は10社に出演した。朝ドラ卒業組の波瑠は前年度の3社から7社プラスという出演実績を残した。
 また、永野芽郁と吉岡里帆は、今年度一気に7社に起用された注目のシンデレラ・ガール...............


【CMタレント好感度とは】
月例CM好感度調査では、関東一都六県在住の3000人のモニターが「好きな」CMの「好きな点・印象に残った理由」を、15項目から選択する(複数回答可)。この中の〈出演者・キャラクター〉の項目のポイントを、出演タレント別に集計したものが『CMタレント好感度』となる(CMに複数のタレントが出演している場合はポイントをそれぞれに加算)。ランキングは月例CM好感度調査の12カ月分をもとに集計。

注釈:
・2016 年度のCM 展開:全2208 社(東京キー5 局)
・総数:男性タレント855 人、女性タレント642 人
・集計期間:2016 年4 月度〜 2017 年3 月度(2016 年3 月20 日〜 2017 年3 月19 日)
・企業、商品名はCM 総合研究所のデータベースの登録名称であり、正式名称と異なる場合があります
・データ使用の際は「CM 総合研究所調べ」の明記をお願いします


■お問い合わせ先 CM総合研究所 広報部:風間 渡辺 TEL 03-6435-7420 


>>続きを読む(pdfファイル:692KB)


ページ先頭へ