CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

2016年度 企業別CM好感度ランキング

 CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)は、2016年度(2016年4月度~2017年3月度)のCM好感度No.1企業として『ベスト・アドバタイザー』を発表するとともに、企業別CM好感度ランキング上位の顔ぶれをレポートいたします。合わせて、前年度から飛躍的にCM好感度の順位を伸ばした「躍進企業」、産業分野別カテゴリートップの「業類No.1企業」を発表いたします。

【三太郎で三連覇! CM好感度No.1企業はKDDI】

 2016年度に東京キー5局からCMを放送した全2208社のうち、KDDI が三年連続のCM好感度No.1 企業として栄冠を手にした。当年度は57作品を展開し、2015年1月からスタートした「三太郎」シリーズが今年度も好調。桃太郎、浦島太郎、金太郎、かぐや姫、乙姫のレギュラー陣に加え、今まで小さく映り込んでいた一寸法師が大きくなって登場した。ストーリーにはキャストたちのコミカルな掛け合いだけでなく、3人の子どもの頃の思い出を描くなど情緒的な要素も取り入れ、シリーズ展開のメリットを発揮して幅広い層からの支持獲得に成功している。

【人気シリーズが企業ブランディングに貢献、サービス系企業が活況】

 2位はソフトバンク。10年目を迎えた『SoftBank』の「白戸家」シリーズに、弟役として佐藤健が加わった。今春の学割訴求CMには、ジャスティン・ビーバーが登場し、広瀬すずやピコ太郎と共演。ソフトバンクの格安スマホ『ワイモバイル』では、桐谷美玲とふてニャンがピコ太郎と"PPAPダンス"を踊るなど、話題満載の展開となった。ソフトバンクは年間ランキングでは2位となったが、『SoftBank』と『ワイモバイル』の強力コンビが3月度の企業別CM好感度で1位を奪取、KDDIの12カ月間1位の完全制覇を阻止する勢いを見せた。
 3位は日本コカ・コーラ。山田孝之がさまざまな職業人を演じる『ジョージア』をはじめ、菅田将暉がラップを披露する『ファンタ』などがヒットした。4位のNTTドコモはロバートの秋山竜次がショップ店員を演じる「得ダネを追え!」シリーズの作品や、中条あやみと鳥のキャラクター「ポインコ兄弟」がさまざまなサービスを訴求するシリーズも好調だった。5位は花王で、全オンエア企業で最多となる303作品を展開。商品訴求の巧みさが際立つ作品が多く......


く躍進企業〉
  視聴者の心をつかんだアマゾンジャパン、攻めたUQコミュニケーションズが大躍進】


 前年度に比べて企業別CM好感度順位を大幅に上昇させた「躍進企業」のうち、ランキング最上位のアマゾンジャパンは、前年度の171位から6位へ初のTOP10入りを果たした。eコマースの最先端企業が......
※ 躍進企業:CM好感度で総合200位以内に入った企業のうち、
  前年度のCM好感度を上回り、かつ総合順位が100ランク以上アップした企業と、本年度にCMを開始または再開した企業



〈業類No.1企業〉
  パナソニックが2業類制覇、LIXIL、アマゾンジャパンは初栄冠
 10年ぶりの大正製薬、12年連続の大和ハウス工業


 CM総合研究所が分類する20の産業分野別において、前年度からトップ企業の顔ぶれに入れ替わりが見られたのは10業類であった。AV機器と家庭電器の両業類で首位に立ったのは......


・2016年度のCM展開:全2208社(東京キー5局)。集計期間:2016年4月度~2017年3月度(2016年3月20日~2017年3月19日)
・関東一都六県在住の一般モニター男女3000人の「月例CM好感度調査」の12カ月分より集計
・企業、銘柄、作品名はCM総合研究所のデータベースの登録名称であり、正式名称と異なる場合があります
・データ使用の際は「CM総合研究所調べ」の明記をお願いします

■お問い合わせ先 CM総合研究所 広報戦略室 風間 渡辺 TEL 03-6435-7420 


>>pdf続きを読む(pdfファイル:379KB)


ページ先頭へ