CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

リオデジャネイロオリンピックCMレポート

 2016年夏、リオデジャネイロオリンピックは日本選手のメダルラッシュに沸いた。4年後に東京開催を控えた今夏のオリンピックを振り返り、期間中の関連CMとその後について、CM総合研究所(東京都港区 代表・関根心太郎)がレポートする。

【JOCパートナー企業のCM出稿はロンドン超え】
 リオデジャネイロオリンピックにおけるJOC(日本オリンピック委員会)の公式パートナー企業が、オリンピック開催期間中(8月5日〜8月21日・現地時間)を含む31日間(7月20日〜8月19日)にオンエアしたテレビCMの放送回数と総秒数は、いずれも過去最多だった前回のロンドン大会を上回る14378回、28万50秒を記録した。
 広告主別の放送回数で見ると...

【オリンピックまでのストーリーに好感が集まる】
 2016年8月度(7月20日〜8月19日)のCM好感度調査において、パートナー企業の五輪関連CMを商品別に見ると、日本コカ・コーラの『コカ・コーラ』が最も高いCM好感度を獲得した。競泳日本代表で次世代を担う今井月が...

【パートナー企業のCM出演最多は錦織圭】
 オリンピック期間中の8月度に最も多くのパートナー企業のCMに出演した日本代表選手は、男子テニスの錦織圭。P&G、アサヒビール、NTTグループ、日本航空、LIXILの5社に出演し...

【パラリンピックと「TOKYO世代」アスリートに注目】
 今回のリオデジャネイロオリンピックでは、次の東京大会に照準を定めた展開が散見された。「TOKYO 2020」の基本コンセプトのひとつである「多様性」を強く意識して...

【さあ、東京2020へ】
 10月7日、メダリストたちによる銀座パレードは大いに盛り上がりを見せた。沿道にはロンドン大会後の50万人を超える約80万人が祝福と声援を送った。次はいよいよ東京、の気運が高まる中、パートナー企業は続々と新CMを開始している。
 10月8日からオンエアされた全日空のCMでは、車いすテニスの国枝慎吾が...


■お問い合わせ先 CM総合研究所 広報戦略室/風間 渡辺 TEL 03-6435-7420 

>>全文をpdfファイルで読む(pdfファイル:668KB)


ページ先頭へ