CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

2015年度 企業別CM好感度ランキング

 CM総合研究所(東京都港区/代表・関根心太郎)は、2015年度(2015年4月度~ 2016年3月度)のCM好感度No.1企業である「ベスト・アドバタイザー」および企業別CM好感度ランキング上位の顔ぶれについてレポートいたします。合わせて、飛躍的にCM好感度を伸ばした「躍進企業」、CM好感度の獲得効率に優れた「効率企業」を発表いたします。

【2年連続!CM好感度No.1企業はKDDI】

 2015年度にCMを放送した全1997社のうち、CM好感度No.1企業に輝いたのはKDDIであった。松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎を演じる「三太郎」シリーズを中心に56作品をオンエアし、2年連続で首位となった。かぐや姫役の有村架純、鬼役の菅田将暉といった個性的なキャストを交えたユーモラスなやりとりが、年間を通して圧倒的な支持を獲得した。CMで浦島太郎が歌う『海の声』が楽曲配信されたほか、CMの隠れキャラクターである"一寸法師"の存在がインターネット上で反響を呼ぶなど、話題作りの面でも優れていた。

【話題のキャストが続々!コミカルなシリーズCMが好調】

 2位はソフトバンク。『SoftBank』はおなじみの「白戸家」シリーズを中心に77作品をオンエアした。白い子犬"ギガ"が「白戸家」ファミリーとコミカルなやりとりを繰り広げる新シリーズが好調で、ギガの声を担当した生駒里奈が所属する乃木坂46や中川大志などの新キャストも注目された。『ワイモバイル』のCMにはふてぶてしい態度の猫"ふてニャン"をはじめ、平祐奈や桐谷美玲、あばれる君が出演した。
 3位は日本コカ・コーラ。前年度の4位から順位を上げ、7年ぶりにトップ3入りを果たした。山田孝之がさまざまな職業人を演じ分ける『ジョージア』をはじめ、きゃりーぱみゅぱみゅを起用した『コカ・コーラ』などが多くの支持を得た。...

【子役の寺田心が大活躍! 躍進No.1&効率No.1企業のCMに出演】

〈躍進企業〉
 前年度に比べて企業別CM好感度順位を大幅に上昇させた「躍進企業」のうち、CM好感度No.1となったのはサンヨー食品であった。『サッポロ一番』のCMでは、劇団ひとり、竹内結子の子どもを演じた寺田心のかわいらしい演技が光った。
 2位は大東建託で、桜井日奈子らが『ズンドコ節』『吉本新喜劇のテーマ』のメロディに合わせてコミカルに踊るCMが支持を得た。3位は瀧本美織がミュージカル風に歌い踊るソニー損害保険...
 ※ 躍進企業:CM好感度で総合200位以内に入った企業のうち、
   前年度のCM好感度を上回り、かつ総合順位が100ランク以上アップした企業と、本年度にCMを開始または再開した企業

〈効率企業〉
 放送回数に対するCM好感度の獲得効率が最も高かった「効率企業」はTOTOで、菌の親子が登場する『ネオレスト』のCMが話題となった。"リトルベン"役の寺田心は、躍進企業、効率企業の2部門でトップ企業のCMに出演する活躍を見せた。
 2位はKDDI。CM好感度No.1企業でありながら、効率面でもすぐれた結果を残した。3位はアキタ。本年度に初めてCMを放送した241社の中で、最も効率よくCM好感度を獲得...
 ※ 効率企業:CM好感度で総合200位以内に入った企業のうち、
   オンエア100回当たりで獲得したCM好感度(=効率)が高い順にランキング

・2015年度のCM展開:全1997社(東京キー5局)。集計期間:2015年4月度~2016年3月度(2015年3月20日~2016年3月19日)
・関東一都六県在住の一般モニター男女3000人の「月例CM好感度調査」の12カ月分より集計
・企業、銘柄、作品名はCM総合研究所のデータベースの登録名称であり、正式名称と異なる場合があります
・データ使用の際は「CM総合研究所調べ」の明記をお願いします

■お問い合わせ先 CM総合研究所 広報部:関戸 加藤 風間 TEL 03-6435-7420 


>>pdf続きを読む(pdfファイル:242KB)


ページ先頭へ