CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

2014年上半期 CM好感度ランキング

【6期連続! SoftBankがCM好感度No.1】
  2014年上半期のCM好感度No.1はソフトバンクモバイル/SoftBankであった。おなじみの「白戸家」シリーズを中心に46作品を展開し、2011年下半期から6期連続で首位となった。同社の熱血社員に扮した堺雅人が犬のお父さんや上戸彩と共演する作品や、ライバル役の市村正親らと熱いやりとりを繰り広げる企業ドラマ風の作品などが注目を集めた。そのほかサッカー選手の香川真司、"天使すぎるアイドル"として話題の橋本環奈、吉永小百合、ふなっしーといった多彩なキャスト・・・

【人気シリーズCMに新展開! 豪華キャストも話題】
  2位はKDDI/au。剛力彩芽、きゃりーぱみゅぱみゅ、哀川翔らが出演する「チャンネルau」シリーズがヒットを続け、なかでもモーニング娘。'14と森三中の大島美幸、黒沢かずこが結成した新ユニット"モリ娘。"が活躍するCMが話題となった。また、所ジョージが新サービス『au WALLET』を訴求する作品や、auショップを舞台に松岡修造、柳原可奈子、福士蒼汰、杉咲花らが出演する新シリーズも好感された。
 3位はサントリー食品インターナショナル/ペプシネックス。「Forever Challenge.」をテーマに、桃太郎に扮した小栗旬が強大な鬼に挑む姿を壮大なスケールで描き、幅広い世代の話題をさらった。『コカ・コーラ ゼロ』との飲み比べ調査を行ったCMも多くの関心を集め、前年度の137位から大幅に順位を上げ・・・

>>続きを読む(pdfファイル:233KB)


ページ先頭へ