CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

CM好感度白書(2013年4月度~2014年3月度)

2013年度 企業別CM好感度ランキング

【7年連続!ソフトバンクモバイルがCM好感度No.1企業】
 2013年度にCMを放送した全1945社のうち、CM好感度No.1企業はソフトバンクモバイルで、同社の首位は7年連続となった。「白戸家」シリーズを中心に82作品を放送し、堺雅人が出演する作品ではライバル役の市村正親との激しいやりとりに加え、犬のお父さんや上戸彩との共演も好評。シリアスな中にユーモアを交えたドラマ仕立てのシリーズがヒットを続けた。そのほか吉永小百合、笑福亭鶴瓶、香川真司、ふなっしーといった多彩なキャストも・・・

【コミカルなシリーズCMが続々!豪華キャストも話題に】
 2位はサントリー食品インターナショナル。「宇宙人ジョーンズの地球調査」シリーズでおなじみの『ボス』をはじめ、かわいらしい少女の"グリーンダカラちゃん" が出演する『グリーンダカラ』、小栗旬が桃太郎を演じる『ペプシネックス』、大森南朋、片岡愛之助、大久保佳代子が共演した"トクホ"の缶コーヒー『ボスグリーン』など話題作が相次いだ。
 3位はKDDIで、前年度の7位からランクアップ。剛力彩芽、きゃりーぱみゅぱみゅ、井川遥、哀川翔らが出演する「チャンネルau」シリーズが支持を集め、モーニング娘。'14と森三中の大島美幸、黒沢かずこが新ユニット"モリ娘。"を結成する作品も注目され・・・

>>続きを読む(pdfファイル:602KB)


ページ先頭へ