CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

BRAND OF THE YEAR 2013(2012年11月度~2013年10月度)

2013年度 ヒットCM動向

【7年連続!SoftBankがCM好感度No.1】
 2013年度にCMをオンエアした全8112銘柄のうち、CM好感度No.1はソフトバンクモバイル/ SoftBankであった。おなじみの「白戸家」シリーズや、SMAPが出演するCMなど70作品を放送し、史上初の7年連続の首位に輝いた。「白戸家」が引っ越しをするシリーズには香川真司や前田敦子、ゴールデンボンバーらが登場。また、吉永小百合が樹木希林とスマホで通話をするものや、堺雅人がスマホのつながりやすさNo.1について熱弁をふるう作品なども注目された。実力派俳優やスポーツ選手など多彩な顔ぶれの起用や・・・

【豪華キャストによるシリーズCMがヒット】
 2位はKDDI/au。剛力彩芽、井川遥、森三中が出演する「チャンネルau」シリーズが好調で、和田アキ子のドッキリ登場企画のほか、哀川翔が社長役で登場するなど多くの話題作を展開した。また、きゃりーぱみゅぱみゅのライブ映像とのコラボCMも注目を集めた。3位はNTTドコモ/NTT DOCOMO。渡辺謙が本田圭佑や村田諒太のスマホを演じる作品や、チェロのデュオである2CELLOSが力強い演奏を披露するCMなどがヒット・・・

【通信・サービス系が快走 ~スマホ関連銘柄が活況~】
 CM好感度を産業分野別に見ると、全20業類のうち通信・サービスが8年連続で首位となった。CM好感度を牽引した携帯電話キャリアは料金プランや通信のつながりやすさのほか、さまざまなサービスのCMを展開。また、SMAPを起用した『UULA』やロバート・デ・ニーロと松田龍平が共演したエイベックス通信放送の『dビデオ』といったスマホ向け動画配信サービスをはじめ、スマホ向けサービスやアプリのCMも多数オンエア・・・

【人気ドラマ出演者のCM起用が急増 ~ 『あまちゃん』『半沢直樹』~】
 本年度はテレビドラマの大ヒットが話題となり、出演者のCM起用が相次いでいる。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインを演じた能年玲奈が出演するカルピス/カルピスウォーターは、ドラマの盛り上がりとともにCM好感度が急上昇。能年は10月からアサヒフードアンドヘルスケアのCMにも起用されている。脇を固めたキャストでは、有村架純がリクルート、伊藤園、亀田製菓など9社に出演。ダイワハウスでは古田新太、塩見三省、尾美としのりが共演し、カゴメは古田新太、松田龍平をそれぞれ起用し・・・

【スポーツ中継内のCMが話題に ~リアルタイム視聴に期待~】
 日本のW杯出場決定がかかっていた2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選で、60秒以上の長尺CMが4本オンエアされた。トヨタの「TOYOTOWN」シリーズは試合前日に予告CMを放送した上で、ハーフタイムに120秒の「ハイブリッドの樹」篇をオンエア。ハイブリッドの樹として生まれ変わる樹木希林と、堺雅人扮する謎の男との出会いからはじまるミステリアスな内容で、シリーズの立ち上がりを印象づけた。このほか・・・

>>続きを読む(pdfファイル:717KB)


ページ先頭へ