CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

2013年上半期 CM好感度ランキング(2013年1月度~6月度)

【4期連続でSoftBankがCM好感度No.1】
 2013年上半期のCM好感度ナンバーワンはソフトバンクモバイル/SoftBankであった。「白戸家」シリーズとSMAPが出演するシリーズを中心に47作品を展開し、2011年下半期から4期連続で首位に輝いた。今期の「白戸家」は家ごと空を飛んで引っ越しをする新展開を開始。香川真司、前田敦子、樹木希林、ゴールデンボンバー、増田惠子など多彩な顔ぶれの起用が・・・

【携帯キャリアがTOP3を独占!新商品も健闘】
 2位はKDDI/au。剛力彩芽と森三中が和田アキ子の『古い日記』を歌っている撮影現場に和田本人が突然登場するという"ドッキリ企画CM"や、きゃりーぱみゅぱみゅのライブ映像とコラボしたCMなどが話題となった。3位のNTTドコモ/NTT DOCOMOは、同社のキャラクター"ドコモダケ"をモチーフに・・

■CM概況:通信サービス、学校教養関係などが好調
 産業分野別に見ると、携帯キャリア3社が積極的なCM展開を行った通信・サービス業類がCM好感度、放送回数ともに1位となった。CM好感度の前年同期比を見ると183.8%と最も伸び率が高かったのはマスコミ・教育業類で、なかでもトライグループ/家庭教師のトライが牽引役となり、学校教養系のヒットが・・・

■視聴者参加型CMに共感!夢へのチャレンジ、ライブ連動
 今期はさまざまな視聴者参加型CMがオンエアされ、なかでも感動的なチャレンジや大規模なイベント・キャンペーンとの連動CMが注目されている。キリンビール/のどごし〈生〉は「のどごし 夢のドリーム」と題して、応募者の夢を実現させるシリーズを展開している。2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選の日本対オーストラリア戦中継では・・・

■注目のCMタレント:「今でしょ!」の林修先生、香川真司、ローラ・・・
 今期大活躍したCMタレントといえば、大学受験予備校『東進ハイスクール』の講師・林修氏がまず挙げられる。今年1月に出演したトヨタ/オールトヨタナビ代プレゼントキャンペーンのCMで人気に火がつき、その後ロッテ、H.I.S.のCMに相次いで起用された。おなじみの「いつやるか?今でしょ!」の決めゼリフは流行語となり、メディアでの露出が急増して・・・


>>続きを読む(pdfファイル:365KB)


ページ先頭へ