CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

寺田心、出演CMで2部門制覇 躍進させ効率化に貢献 ORICON STYLE 2016年4月15日

 ニュースリリース「2015年度 企業別CM好感度ランキング」に関連して、子役の寺田心がCMに出演したサンヨー食品、TOTOをはじめ、2015年度 躍進企業、効率企業上位の顔ぶれが紹介されました。

 CM関連の調査を行うCM総合研究所は15日、2015年度(15年4月~16年3月)の「企業別CM好感度ランキング」を発表した。子役の寺田心の出演するCMが、前年度に比べて順位を大幅に上昇させた「躍進企業」部門と、放送回数に対する好感度の獲得効率が最も高かった「効率企業」部門で、それぞれ首位を獲得。CMキャラクターとしても人気の高さを証明した。
 「躍進企業」の1位は、寺田が劇団ひとり&竹内結子の子供を演じた『サッポロ一番』の【サンヨー食品】。前年の187位から大きくランクアップさせた。 「効率企業」の1位は、"リトルベン"を熱演した『ネオレスト』の【TOTO】で、オンエア100回当たりで獲得したCM好感度(=効率)ポイントで、2 位の【KDDI】を大きく引き離している。
 そのほか、「躍進企業」の上位は、タレントの桜井日奈子が「ズンドコ節」や「吉本新喜劇のテーマ」に合わせてコミカルに踊る【大東建託】が2位。女優の瀧本美織がミュージカル風に歌って踊る【ソニー損害保険】が3位。
 「効率企業」の2位の【KDDI】は、企業別CM好感度で2年連続で1位を獲得したが、効率面でも優れた結果を残した。3位はケチャップライスの猫に卵をかぶせたオムライスがウェブ上で話題になった【アキタ】で、本年度に初めてCMを放送した241社のなかで、最も効率よくCM好感度を獲得した。

http://www.oricon.co.jp/news/2070156/full/


ページ先頭へ