CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

復活「オー人事」CM好感度上昇 外国人上司も登場
2018年3月度 CM好感度月間ランキング
NIKKEI STYLE 2018年4月28日

CM総合研究所が発表する3月度の銘柄別CM好感度ランキングで、人材総合サービスのスタッフサービスが7位にランクインした。1997〜2004年まで放送された「オー人事」シリーズのCMをリバイバルさせた、現代の職場での理不尽な出来事を描く新作だ。40代を筆頭に高いCM好感度を得て、04年4月度以来のトップ10入りを果たした。

【中略】

CM好感要因を見ると、最も票を集めたのが「ユーモラス」で、「ストーリー展開」「宣伝文句」「音楽・サウンド」と続く。CM総研の関根心太郎代表は、「社会風刺の面白さですね。働き方改革が進められているなかで、実際に働く人たちの意識とのギャップをつく、絶妙な落とし加減が受けています」と分析。「支持層で一番高いのは40代の男女。以前のシリーズを知っている人たちからは『懐かしい』という声が多く、一方で初めて見る10代20代の若い人からは『面白い』という感想が寄せられています。両方の世代から支持されているのが、高いCM好感度につながっています」とみている。

【後略】


https://style.nikkei.com/article/DGXMZO29861450W8A420C1000000?channel=DF010320183446&n_cid=LMNST011


ページ先頭へ