CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

『正月三が日のテレビCM スズキ、全産業で最多』日刊自動車新聞 2015年1月13日

 三が日にオンエアされたCMの放送回数データが紹介されました。

 正月三が日に関東地区で放映されたテレビCMで、スズキが全産業を通じて最多だったことがCM総合研究所(関根心太郎代表、東京都港区)の調査でわかった。スズキのオンエアは530回で、2位を倍以上引き離す放映量。『スズキ初売りフェア』や新型『アルト』のCMを主体に放映し、消費者に来店をアピールした。スズキは近年、初売りに合わせて年末年始にCMを集中投下している。三が日の放映回数でトップは昨年に続き2年連続となる。2位は『キャベシリーズ』など胃腸薬の興和で246回。3位は日産の213回、4位はダイハツの212回が入り、上位を自動車関係が占めた。(中略)
 スズキの『スズキ初売りフェア』CMは歌舞伎役者の市川猿之助を起用。「飛び六方」篇では、猿之助が舞台からスズキの販売店に飛び込み、見得を切っている。など


ページ先頭へ