CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

『2014年テレビCM トップ10 広告効果 識者に聞く』日経MJ 2014年12月26日

CM総合研究所をはじめ広告業界の10人を対象とした、2014年度のCMに関するアンケート調査結果が発表されました。

 2位のソフトバンクモバイル/SoftBankは3連覇は逃したものの、今年も話題のタレントや来年2月に同社から発売される人工知能を搭載した人型ロボット"Pepper"などが登場。「バラエティ豊かな展開が世代を超えて支持を獲得した」(CM総合研究所 代表 関根心太郎)と広く評価を集めた。(中略)
 今後売り上げ増やイメージアップに貢献しそうなタレント・有名人として挙げられた男性は西島秀俊が1位。パナソニックの『エコナビ家電』シリーズに出演し家事にこだわる男性を好演し好感度を上げた。先ごろ結婚を発表したが、「家庭をイメージした作品への出演も多く、結婚後も支持を集め続けるのでは」(関根心太郎氏)。など


ページ先頭へ