CM総合研究所・東京企画はCM好感度をはじめとするオンエアCMのあらゆる情報を提供しております。

情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

基本方針

東京企画グループ、すなわち株式会社東京企画、株式会社東京アイデアセンター(以下「会社」と呼ぶ)は、テレビCMの調査機関として、CM放送履歴、消費者のCM接触度およびCM好感度などの調査分析によって、顧客企業から高い信頼を獲得することを大切に考えています。テレビCMおよび広告業界の発展にも貢献することを目指しています。

これを実現するため、会社で働く社員等は、会社が保有する情報資産を適切に扱い、事業の遂行に必要な要求事項、法令、規制、契約上の要求事項、また組織のセキュリティ上の要求事項を、十分に認識して行動します。

1)適用範囲
本基本方針は、役員を含めた全ての社員等に適用します。

2)社員等とは
「社員等」とは、会社に在籍して業務に従事している者、ならびに会社の情報資産にアクセスできる者を言います。役員、正社員、契約社員、 派遣社員、アルバイトを含みます。

3) 対象とする情報資産の範囲
会社が保護対象とする情報資産の範囲は、会社の事業活動において入手した情報、会社が業務上保有する全ての情報を対象とします。

4)活動組織
会社の情報セキュリティ活動を推進する統括管理者(CISO)として、代表取締役社長 関根心太郎を任命します。
また、情報セキュリティ活動を運営する組織として、情報セキュリティ委員会を設置し、リスクアセスメントを実施して、情報セキュリティ上のリスクの把握、管理策の適用、及び組織への普及と継続的改善を推進します。
これにより、会社は、常にセキュリティ活動の効果を把握して改善に結びつけます。

5)セキュリティ監視及び監査
セキュリティを確保するため各部門のセキュリティ委員は、担当する部門のセキュリティ対策の実施状況を定常的に監視し、計画された内部監査に対応してセキュリティの改善に努めます。

6)セキュリティ教育の受講
会社の全ての社員等は情報セキュリティに関する教育を受講します。

7)機密情報の保護
会社の業務に関わる全ての関係者は、別途定める情報管理規程に基づいて、機密情報の取り扱いに厳重な注意を払います。

8)法令・規制・契約事項等の遵守
事業推進上で適用される法令・規制・契約事項を、その都度、把握して遵守します。

制定日: 2012 年 11 月 1 日
最終改定日:2015 年 11 月 1 日
株式会社 東京企画
代表取締役社長 関根心太郎



2014年5月にISMS(ISO/IEC 27001)を更新しました。
cmindex1208




ページ先頭へ